宮澤佐江、AKBグループ卒業 生放送で電撃発表

印刷

   アイドルグループ「SKE48」兼「SNH48」の宮澤佐江さん(25)が2015年12月16日、音楽特番「2015FNS歌謡祭 THE LIVE」(フジテレビ系)に生出演し、AKB48グループからの卒業を電撃発表した。

   宮澤さんは2006年にオーディションに合格し、2期生として活動してきた。番組では「約10年、48グループで活動してきましたが、最近このグループから一歩外に出たときの自分のことを考えると『楽しいな、ワクワクするな』と思うようになりました」「そろそろ自分で足を踏み出す時期が来たのかな」と卒業の経緯を語った。

   同日更新したブログでは、数年前から卒業を意識していたと告白。具体的な卒業時期については番組では未定と説明していたが、「AKB48グループには10年は絶対に居たかった」として、2期生として入ってから丸10年となる2016年4月までは「48グループの一員としていたい」と明かした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中