柴咲コウ、「寄付」でバッサリ切った美髪写真を公開 6時間で「いいね」1万3000件の大反響

印刷

   女優の柴咲コウさん(34)がバッサリ切り落とした自身の髪の毛の写真をインスタグラムに投稿した。

   カットした髪は「ヘアドネーション」と呼ばれる毛髪の寄付活動に役立てる。この思い切った行動に、ファンからはさっそく称賛の声が寄せられている。

  • ストレートな黒髪をバッサリ(画像は柴咲さんインスタグラムのスクリーンショット/一部加工)
    ストレートな黒髪をバッサリ(画像は柴咲さんインスタグラムのスクリーンショット/一部加工)

「ヘアドネーション」という活動

   柴咲さんは2015年12月17日、「髪の毛の寄付をしました」として黒い丸椅子の上に置かれた毛束の写真を投稿した。きれいなストレートの黒髪で、ヒモで数か所をしばっている。

   寄付先は「JHDAC(ジャーダック)」というヘアドネーションの国内NPO法人。病気やケガで髪の毛に悩みを抱えている子供たちに、寄付毛100%でつくったフルオーダーのウィッグを無償プレゼントしている団体だ。

   ウィッグ素材として使用できる毛の長さは最短で12インチ(30.48センチメートル)なので、柴咲さんが切り落とした髪の毛も30センチ以上あるとみられる。

   短くした理由は明かしていないが、思い切った行動にファンからは

「素敵すぎます!」
「やっぱりコウさんかっこいい」
「同じ女性として尊敬します!!!」
「素晴らしい行動!」

といった称賛の声が相次ぎ寄せられている。投稿から6時間ほどで「いいね!」は1万3000件以上にのぼった。

芸能人の寄付表明が大きな波に?

   今回の柴咲さんの投稿を通じて知ったという人も少なくなかったようで、

「こんなのあるんですね!知らなかった」
「私も思い切ってバッサリと寄付してみようかな!」
「勉強になります」

といったコメントも投稿されている。

   ヘアドネーションの知名度は徐々に高まってきてはいるものの、さほど知られていない活動だ。それだけに、柴咲さんのような有名人が表明することの影響力は大きいだろう。

   なお3月には、女優の水野美紀さん(41)も寄付を行ったようだ。担当美容師のブログによると、ドラマの役作りでショートにする必要があり、自ら寄付を申し出たという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中