加護亜依、来年から本格的に活動再開 芸能界は果たして彼女を必要としているのか

印刷

   前夫をめぐるトラブルなどで事実上の活動休止に追い込まれていた元「モーニング娘。」のタレント・加護亜依さん(27)が年明けから本格的に芸能活動を再開させるようだ。

   ここ数年、相次ぐトラブルのせいで目立った活動をしておらず、専門家は「(芸能界に)もう席は無い」と厳しく指摘する。

  • 「裸一貫」でやり直す覚悟が必要?(画像は加護さんのツイッターより)
    「裸一貫」でやり直す覚悟が必要?(画像は加護さんのツイッターより)

台湾で開かれるイベントへの出演も決まった

   2015年12月18日発売の写真週刊誌「FRIDAY」(1月1日号)は、21歳当時に撮影した加護さんのヌード写真を掲載した。注目されるのは、それとともに16年1月から2月の活動予定を伝えたことだ。

   「仕事始め」は元旦で、NOTTVやスカパー!の番組に2日続けて出演。19日に兵庫県神戸市のライブハウス「CHICKEN GEORGE」(チキンジョージ)でライブ出演、2月10日に東京・六本木のライブハウス「C★LAPS」(クラップス)でワンマンライブ、23日からは劇場「池袋シアターグリーン」で舞台出演と、まさに目白押しだ。

   一方、自身が所属するガールズユニット「Girls Beat!!」についても、15年11月2日にブログで活動再開を発表した。15年12月19日に台湾で開かれるイベントへの出演も決まっている。地上波テレビへの出演は予定にないものの、15年初頭と比べれば明らかに仕事が増えた印象だ。

   ただ、このまま芸能界に復帰できるか、というと、事はそう単純でないらしい。芸能評論家の肥留間正明さんはこう語る。

「今の芸能界が彼女を必要としているかといえば甚だ疑問です。テレビは彼女抜きでもやっていけるでしょう。歌がうまいわけでもなく、女優としてのキャリアを積んでいるわけでもなく、今さらアイドル路線で行くのも難しい。今の状態でカムバックするのはかなり難しいと思います。(芸能界に)もう席は無いんじゃないでしょうか」

未成年喫煙、不倫...相次ぐスキャンダル

   確かにここ数年、加護さんの生活は波乱の連続で、芸能活動もほとんど休止状態だった。すべての始まりは、06年と07年の2度にわたる未成年喫煙発覚で所属事務所をクビになったことだ。その後、08年に別事務所から芸能界へ復帰するも09年、俳優・水元秀二郎さん(39)との不倫が報じられ、水元さんの元妻から慰謝料を求める訴えを起こされている。

   前夫にまつわるトラブルも絶えなかった。11年9月、当時同棲中だった前夫が恐喝未遂の疑いで逮捕された直後、自宅マンションで自殺を図り病院へ搬送。結婚、長女誕生を経た14年10月には出資法違反の疑いで前夫が再び逮捕された。

   15年6月9日、殴る蹴るの暴行を加えて全治10日間のケガを負わせた容疑でまたしても前夫が逮捕される(編注:3度とも後に不起訴)。これが引き金となったのか、同月末に離婚したものの、活動再開には遠く、ツイッターやブログで近況を報告するに留まっていた。不倫、未成年喫煙、夫のDV、自殺未遂と相次ぐスキャンダルで、イメージも急落した。

   前出の肥留間さんは、加護さんの新しい「船出」に際し「ゼロから、裸一貫でやり直す覚悟が無ければ本格復帰は難しいと思います。今の状況をむしろ利用し、汚れ役でもいいから新しいイメージを作り出していくくらいの気概がないと」とアドバイスした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中