なくならない学生の急性アルコール中毒事故 減ってはいるが、毎年亡くなる人が出続ける

印刷

   クラブ部室で未成年の女子学生(19)が飲酒し、急性アルコール中毒で死亡した京都府立大は、学内での飲酒を全面的に禁止する措置を決めた。

   近年、大学生の飲酒をめぐる事故が相次いでいることを受け、各大学では構内での飲酒を禁止する取り組みが進む。構内での飲酒を禁止する大学は過半数に上る。

  • 毎年大学生の飲酒による死亡事故がなくならない(画像はイメージ)
    毎年大学生の飲酒による死亡事故がなくならない(画像はイメージ)

京都府立大の女子学生が死亡

   京都府立大の女子学生は2015年12月16日夜、部室内で約10人の学生らと酒を飲み、意識を失った。ウイスキーを紙コップで2杯飲んだとされ、救急搬送されたが、間もなく急性アルコール中毒による死亡が確認された。

   同大学では食堂など一部施設での飲酒は認めていたが、もともと部室では禁止していた。事件を受け、構内での飲酒を全面的に禁止することを決めた。

   「イッキ飲み防止連絡協議会」のまとめでは、急性アルコール中毒による大学生の死亡事故は2012年に5件、13年に4件、14年に3件、15年は12月18日現在で1件。減ってはいるものの、毎年亡くなる人が出続けている。

キャンパス内で全期間飲酒を禁止している大学は55.5%

   学生の飲酒による事故が相次いでいることを受け、各大学で構内での飲酒を禁止する取り組みが進んでいる。「イッキ飲み防止連絡協議会」が2014年2月に発表した調査によると、キャンパス内で全期間飲酒を禁止している大学は55.5%に上った。学園祭の時期だけ禁止している大学は11.2%で、飲酒に関して何らかの規定を設けている大学は多い。

   早稲田大は2011年4月から、一部レストランなどを除き、学内での飲酒を原則禁止した。同大広報によると新入生へのパンフレットや学生部サイトなどで注意喚起をしていて、特に未成年飲酒や、飲酒の強要をしないよう力を入れているという。

   慶応大では構内全体の飲酒に関する規定はないが、部室などでの飲酒は認めていない。飲酒事故防止のために、新入生にアルコールパッチテストを行ったり、ガイダンスで注意喚起をしたりしているという。

   東京大の場合、構内禁酒の規定はないが、入学時にガイダンスを行い、1年生向けにアルコール摂取の危険性を教える必修の授業がある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中