日本のランドセルが世界で人気 女子が「カワイイ」「おしゃれ」

印刷

   日本の「ランドセル」が、海外で脚光を浴びている。

   英国やフランス、中国、ケニアなど、いまや世界中に人気が広がっている。しかも、小学生が使うのではなく、大人の女性が「カワイイ」「おしゃれ」といって背負う、ファッションアイテムとして定着しつつあるというのだ。

  • 頑丈で軽い… 日本の「ランドセル」が世界中で人気!
    頑丈で軽い… 日本の「ランドセル」が世界中で人気!

ハリウッド女優が火付け役・・・

   日本のランドセルは、軽くて頑丈だ。A4用紙やクリアファイルが折り曲げずに入る大きさで、素材には革やクラリーノなどが使われている。ひと昔前まで「黒」と「赤」が定番だった色も、最近は数多くそろえられている。デザインでは、ハートのキラキラやアクセサリーをつけたり、内張りの生地を選べたりと、ランドセルをカスタマイズできるようになるなど、日々進化している。

   ランドセルの海外人気に火をつけたのがハリウッド女優のズーイー・クレア・デシャネルさん(35)。彼女のランドセルを背負った姿がメディアで取り上げられたことが大きなきっかけだ。ファッションとして取り入れ、洋服とコーディネート。セレブが愛用する「メイド イン ジャパン」のおしゃれなカバンとして広がった。

   加えて、「クールジャパン」の一環として積極的に海外に発信している日本のアニメやドラマの影響もある。アニメなどに登場するキャラクターがランドセルを背負う姿を、外国人が見慣れてきて、知らず知らずに認知度が上がっているということらしい。「カワイイ」グッズといった日本文化が、欧州などで広まっていることもある。

   英国・ロンドンで2015年11月27~29日に開かれた日本文化イベント「ハイパージャパン」では、流通大手のイオンが自社ブランドのランドセルを用意したところ、すべて売りきった。

   イオンは15年から、ランドセルの海外店舗での販売を初めて展開。今回のイベント参加も「イオン」の認知度アップが目的だったが、「子どもへのプレゼント用や、ファッションアイテムとして自分で使うために購入された方が多かったようで、イオンのPRにもつながったと思います」と、狙いどおりの様子だ。

   それでも、「ランドセルは海外でも人気が出ていると聞いていたので、ある程度は売れると予測していましたが、ここまで人気とは」と驚く。海外での販売について、「当初は現地の日本人学校に通う子ども向けを想定してしたのですが、今はクリスマスなどのプレゼントとしても人気です」と話している。

ランドセルの市場拡大、中国・アジアに期待感

   国内のランドセル市場は、少子化を背景に需要がしぼんでいる。それもあって、海外市場に活路を見出したいところ。

   海外では町を歩いていると、ランドセルを背負ったおしゃれな大人の女性を見かけたり、颯爽と自転車を漕ぐ男性がランドセルを背負っていたりするという。最近は、パリでランドセルと学生服のファッションショーが開催されたこともあった。海外ではいまや、革製のおしゃれなカバンという位置づけのようだ。

   船井総合研究所上席コンサルタントの岩崎剛幸氏によると、ランドセルの単価は上がってきているという。「ランドセルの国内単価は5年前には平均4万円弱でしたが、2015年には4万9000円にまで、1万円近くも上昇しました」。原因は材料費、なかでも革の高騰や、最近のランドセルは裏地やデザインに凝ってきている分、手間がかかって単価が上がる傾向にあるとみている。

   一方、ランドセル市場は「この1年で飛躍的に伸びました」と話す。市場規模は2016年3月までの1年で500億円を見込んでいる。ただ、このうち海外市場はわずか1億~2億円と、まだまだウエートは低い。

   とはいえ、期待は小さくない。岩崎氏は「最近は中国やアジアの方々が、羽田や成田空港で、お孫さんなどのおみやげ用として買って帰ります。日本製のランドセルは機能性が高く、子どもが背負いやすいのが特徴。信頼性も高い。アジアの方々が自国の学校で実用化される可能性はあります」とみている。

   海外人気の拡大で、市場が一気に活気づくかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中