もう「終電で高尾駅」でも路頭に迷わない 八王子までの深夜バスが期間限定運行

印刷

   東京・多摩西部地区で路線バスを運行する西東京バス(東京都八王子市)が、JR中央線特別快速の最終電車が終点高尾駅へ到着する時刻に合わせ、駅から八王子に向かうバスの運行を始めた。運行期間は2015年12月の計4日間で、忘年会シーズンならではの「救済バス」として注目を集めている。

   同バスは高尾駅北口から八王子駅北口、京王八王子駅を結ぶ。高尾駅北口を出発するのは1時5分で、京王八王子駅には1時41分に到着する。通常ダイヤだと1時間に2本程度運行し、20時45分に終バスとなる区間だ。

   0 時11分に新宿駅を出発する中央特快高尾行きで終点まで乗ると、0時55分に高尾駅へ到着しても接続する上り電車がない。このバスを使えば、電車の中で寝過ごした乗客も八王子駅付近までバスで戻り、駅周辺の宿泊施設で夜を明かせる。

   運行日は12月12、19、23、26日の土曜日、祝日で、運賃は880円。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中