中国で有望な業種は「サービス」57% 日経の「社長100人アンケート」

印刷

   経済の減速が懸念される中国市場で、今後成長する業種として「サービス」や「情報・通信」「医薬品」が有望視されていることが、日本経済新聞がまとめた「社長100人アンケート」でわかった。2015年12月21日付で報じた。中国について聞いたところ、経済減速が経営にマイナス影響を与えるとの回答は、前回(9月)調査より3.5ポイント増えて、67.6%に達した。

   そうした中で、中国で今後、状況が悪化すると見込まれる業種(5つまで回答可)を聞いたところ、「鉄鋼」が60%で最多。「不動産・住宅」や「建設」が50%前後だった。これまで中国経済をけん引してきた鉄鋼や建設などが厳しいとみている。

   その一方で、成長が見込まれるのは「サービス」が57.2%で首位。「情報・通信」が51%、「医薬品」が40%と続いた。中国国内の急速な高齢化など市場の変化にあわせて、こうした分野へ日本企業の中国投資がシフトする可能性があるとされる。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中