共同通信47NEWSに起きた異変 ヤフーと合弁で「トップページなし」不思議なニュースサイトへ

印刷

   共同通信や加盟社の地方紙の記事が載っているウェブサイト「47NEWS」に、2015年12月から変化が起きている。

   一般的には、ニュースサイトではトップページの見出しをクリックすれば、同じサイトの中に記事本文も表示される。ところが、47NEWSでは、記事本文は見知らぬドメイン(インターネット上の住所)に表示され、そのドメインのトップページは「空っぽ」に等しい状態だ。どういった狙いがあるのだろうか。

  • 「ノアドット」のトップページを探そうとしても「トップページはない」というメッセージが表示される
    「ノアドット」のトップページを探そうとしても「トップページはない」というメッセージが表示される
  • 2015年12月にひっそりとサービスを始めた「ノアドット」のサイト。スマホ向けのデザインだ
    2015年12月にひっそりとサービスを始めた「ノアドット」のサイト。スマホ向けのデザインだ

47NEWSサイト内はリード部分のみ表示

   47NEWSは共同通信社や加盟社など47新聞社が共同出資した「全国新聞ネット」が運営し、06年12月に開設。出資した新聞社が配信する記事を掲載してきた。これまでは、47NEWSのトップページの見出しをクリックすると、記事本文も47NEWSのドメイン「47news.jp」に表示されていた。だが、15年12月からは、47NEWSのサイト内には記事のリード部分しか表示されないようになった。現在はリード部分の最後に「記事全文」へのリンクが表示され、リンクをクリックすると「this.kiji.is」という見慣れないドメインで記事本文が表示されるようになっている。

   この「this.kiji.is」というサイトのトップページを表示しようとすると、「トップページはない。代わりの自分のトップページを選んでほしい」という意味の英文(We have no top. Choose "your top" instead.)が表示され、スマートニュース、47NEWS、ツイッターの共同通信オフィシャルアカウントの3つのリンクが表示される。それ以外には何も書かれていない。

スマートニュースから読者を誘導するため?

   12月2日に共同通信が配信した記事によると、この「this.kiji.is」のサイトは共同通信のグループ会社とヤフーの合弁会社「ノアドット」が運営している。正確には、「ノアドット」は一般社団法人共同通信社の100%子会社、共同通信デジタルが51%、ヤフーが49%出資している。前出の記事では、新サイトのことを

「ノアドット社が共同通信と参加加盟新聞社などが提供するコンテンツを一括管理し、その記事の見出しを広くネットメディアに公開。一般ユーザーが見出しをクリックすると、ノアドット社が管理するシステム上で記事や写真を閲覧できる」

とうたっている。

   具体的には、スマートニュースがノアドットの見出しを使えるようになり、スマートニュースから読者をノアドットに誘導することで広告収入を増やす狙いがあるように読める。

   しかし、現時点ではスマートニュースのトップページに「ノアドット」が目立って表示されるということもなく、前出のようにトップページがないため新着記事を一覧することもできない。「何がどこにあるか分からない」という「不思議なニュースサイト」になっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中