「報道ステーション」古舘伊知郎の後任は 憶測が飛ぶ中で、AKBアイドルの名前も

印刷

   古舘伊知郎さん(61)がテレビ朝日系ニュース番組「報道ステーション」のメインキャスターを、現在の契約が終了する2016年3月いっぱいで降板することが発表された。

   古舘さん自身の申し入れであり「新しいジャンルにも挑戦したい」というなんとも曖昧な理由だったため、あれこれ憶測が広がっている。中でも「後釜は誰なのか?」が大きな関心事で、様々な候補が浮かんでいる。

  • 「報道ステーション」は番組を継続。古舘伊知郎の後釜は誰になるのか?
    「報道ステーション」は番組を継続。古舘伊知郎の後釜は誰になるのか?

「俺の商品価値が落ちたと判断するまでギリギリ頑張るしかない」

「誰が辞めるかっつうんだ、バカヤロー!!!一生懸命やっているのに」

   これは古舘さんが2014年10月18日に東京・EXシアター六本木で行われたトークライブ「古舘伊知郎 トーキングブルース」で叫んだ言葉だ。週刊誌で古舘さんが「報道ステーション」を降ろされるという報道が出ていることに対する反論だった。後釜には宮根誠司さん(52)、羽鳥慎一さん(44)の名前が挙がっていることに、「俺は聞いてないぞ!」と吠えた。テレビ朝日の会長との不仲についても否定し、11年ぶり17回目のトークライブも会長から勧められて再開した、と語った後で、

「ということは、俺に報道ステーション辞めさせて、そういう方向で頑張ったら?という引導を渡しているのか??」

として会場を大爆笑の渦に巻き込んだ。自分の引き際については、

「『いい時だけのTV局』というのはフリーを30年も続けているとよく分かるから、俺の商品価値が落ちると、判断するところまでギリギリ頑張るしかない」

と説明していた。単純に解釈すれば、その後1年の間に自分の商品価値が落ちたと納得し、降板を申し入れた、という事になる。

   「報道ステーション」を巡っては、2月には九州電力川内原発に関する報道に誤報があり、放送倫理・番組向上機構(BPO)から放送倫理違反を指摘された。3月には元経済産業省官僚の古賀茂明さんの降板騒動、9月の安全保障関連法案成立に関しては偏向報道だということで「高須クリニック」がスポンサー契約を打ち切る事態になった。こうしたことが続いたため、降ろされたという見方も有力だ。

   ネット上では古舘さんの後釜は誰になるのか、といった議論がもっぱらだ。名前があがっているのは宮根さん、羽鳥さんのほかにみのもんたさん(71)、長野智子さん(53)、福澤朗さん(52)、安住紳一郎さん(42)、堀潤さん(38)、五十嵐浩司さん(63)、赤江珠緒さん(40)などだ。そうした中である女性アイドルの名前が掲示板などで連呼されている。

アイドルというより「政治家のようだ」「社会学者のようだ」

「3月に古館降板 3月にたかみな卒業 この二つの符号をどう考える」
「これですべてが繋がった・・・・・たかみなだ!」
「古舘の後釜はたかみなやろなぁ」
「高橋ミナミきたああああああああ!」

アイドルグループ「AKB48」の高橋みなみさん(24)のことで、候補に推している人も本気とは思えないが、こじつけに近い理由はある。まず、古舘さんとプロデューサーの秋元康さんが親しい事、ジャーナリストの田原総一朗さんの「押しメン」が高橋さんであること。そして最近のトークがアイドル離れしていると評判になっている事などだ。

   15年9月9日のNHK「クローズアップ現代」のコメンテーターとして登場した高橋さんは現代の若者について的確な分析をしたそうだ。頭の回転が速く、もはやアイドルではなく「政治家のようだ」「社会学者のようだ」などと評判になった。NHKEテレの「いじめをノックアウト」ではMCを務め、小学生を相手に特別授業をするなど従来とは全く違う一面を見せていた。こうしたこともあって、ファンの妄想が膨らんでいるといった様子だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中