別患者の乳房を全摘出 千葉県がんセンター、検体取り違え

印刷

   千葉県がんセンター(千葉市)は2015年12月25日、患者の検体を取り違え、別の患者である30代女性の右乳房を全摘出する手術を行ってしまったと発表した。30代女性は、早期の乳がんで、直ちに全摘出をする必要はなかった。別の50代の乳がん患者の検体と取り違えていた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中