日韓外相、慰安婦問題「最終的不可逆的に解決」で合意 安倍首相名で「お詫びと反省」も

印刷

   岸田文雄外相と韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が2015年12月28日、ソウルの韓国外務省で会談し、いわゆる「従軍慰安婦問題」について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と発表した。

   岸田外相は、慰安婦問題は「当時の軍の関与のもとに、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題」で、「日本政府は責任を痛感している」と表明。さらに、

「安倍内閣総理大臣は、日本国の内閣総理大臣として改めて慰安婦としてあまたの苦痛を経験し、心身にわたり癒やしがたい傷を負われたすべての方々に対し『心からお詫びと反省』の気持ちを表明する」

と述べ、1993年の河野談話と同様に「お詫びと反省」も表明した。

慰安婦像は「関連団体との協議などを通じて適切に解決」

   また、韓国政府が元慰安婦の女性を支援する財団を設立し、日本側は政府予算から10億円程度を一括で拠出することでも合意。両外相は

「国連等国際社会において、本問題について互いに非難、批判することを控える」

ことでも一致した。

   尹外相は、ソウルの日本大使館前に設置された従軍慰安婦をモチーフにした少女像について、

「可能な対策について関連団体との協議などを通じて適切に解決されるように努力する」

と表明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中