澤穂希、自身のゴールで皇后杯優勝! 増し続ける注目度、「新たなゴール」に挑む

印刷

   女子サッカーの澤穂希が皇后杯決勝で優勝を決め、現役引退の置き土産とした。

   今後、どんな活動をするのか、2016年の動向が注目される。

  • 現役引退後はどんな道を歩むのか
    現役引退後はどんな道を歩むのか

まだ余力があった決勝でのプレー

   2015年12月27日、川崎市の等々力陸上競技場は異様な雰囲気に包まれていた。皇后杯全日本女子選手権の決勝INAC神戸レオネッサ-新潟レディース戦は2万人を超える観衆が詰めかけた。澤最後のプレーを見るためである。

   後半33分、澤が頭でゴールを挙げた。試合はそのまま1-0で神戸レオネッサが勝ち、2大会ぶり5度目の優勝となった。

   澤の最後のゴールが栄光をもたらした。まさにドラマを見ているような「お別れのゲーム」だった。

「(自分の)ゴールで、みんなが笑顔になれることができ、ほんとうに良かったと思います」

   試合後の澤のコメントである。

   驚いたのは海外からの祝福の言葉だった。「澤さま」「クィーン」といった言葉が多く、共通しているのは「お見事」の驚嘆で、改めて「世界の澤」を感じた。

   12月に現役引退を明らかにしたばかり。来年のリオ五輪を目前にしての決断だけに、ファンは驚いた。既に結婚、現在37歳という年齢を意識したのだろうか。しかし、皇后杯のプレーを見る限り、余力はあると見えた。

「有頂天になったら、そこまで」

   澤は日本女子サッカーの「中興の祖」であることに異を唱える者はだれもいない。澤がいなければここまで女子サッカーが注目を集めることはなかったといえる。

   振り返ってみると、澤はあらゆる苦難を乗り越えてきた。

   15歳で日本女子代表に選ばれた後、大学を中退して渡米。2チームでプレーしたが、リーグが休止したため帰国の憂き目に遭った。この間に米国人との結婚を諦めたという話がある。

   脚光を浴びたのは11年のFIFA女子ワールドカップ・ドイツ大会。決勝で米国を破り、澤は得点王とMVPに輝いた。この大会は日本でテレビ中継され、一気にフィーバーした。ちょうど今年のラグビーブームと同じだった。澤とチームは国民栄誉賞を受賞した。

   この栄光までチームを渡り歩き、再度渡米したり、先の見えない競技生活を送っていた。また病気との闘いもあった。それでもサッカーを諦めることはなかった。

   澤は多くの、なるほど、と思わせる言葉を残している。

   「壁にぶつかるからこそ頑張れる」「行動すればやる気が湧いてくる」「失敗しても取り返せばいい」。この不屈の気持ちは「夢は逃げない」という前向きな姿勢から生まれる。

   そして「有頂天になったら、そこまでの選手」と言った。アスリート以外の人たちにもズンとこたえるセリフである。

   今後、澤の注目度は変わることはないだろう。サッカー指導、講演はひっきりなしだろう。ニュースキャスター、さらに政治家への誘いもあると思われる。彼女は新たなゴールに挑戦する-。

(敬称略 スポーツジャーナリスト・菅谷 齊)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中