AKB高橋みなみ、「卒業延期も」の重大決意 紅白で「あの失敗」は絶対に許されない

印刷

   2015年の大晦日のNHK紅白歌合戦を最後に実質的にAKB48としての活動を終える高橋みなみさん(24)が、「卒業再延期」の可能性を口にした。

   今回のAKBの紅白の目玉は、プリンセス天功氏が監修する「イリュージョン」だが、過去に高橋さんは、歌番組でイリュージョンに失敗した「前科」がある。それだけに、「絶対に失敗は許されない。失敗したら卒業を延期します!」との決意を表明。リハーサルの直前には「今日、夢に本当に出てきたんですよ!」と、かなりのプレッシャーを感じている様子だった。

  • 高橋みなみさん(前列左)にとっては最後の紅白。プリンセス天功氏(前列中央)がイリュージョンを監修している
    高橋みなみさん(前列左)にとっては最後の紅白。プリンセス天功氏(前列中央)がイリュージョンを監修している

Mステーションではイリュージョンのミスで「土下座」

   今回のイリュージョンでは、空の「檻(おり)」にカーテンをかけて中が見えなくなった後に1回転させ、再びカーテンを開けるとメンバーが登場。そのまま16人でメジャーデビュー曲「会いたかった」(06年発売)を歌い出す、という内容だ。

   高橋さんには似たようなイリュージョンで失敗した苦い経験がある。15年9月放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日)では、空の檻に覆いをかけ、覆いを取ると高橋さんが現れるという段取りだったのだが、覆いを取ってもおりは空っぽ。高橋さんが力なく土下座したことは話題になった。

   高橋さんは15年12月29日のリハーサルでの囲み取材では、

「大きな音楽番組で失敗している身なので...。最後の歌番組なので、しかも紅白歌合戦、天功さんですから、絶対に失敗は許されない」

と気を引き締め、

「失敗したら卒業を延期します!また延期します!」

とまで述べていた。12月30日のリハーサルでも、

「今日、夢に本当に出てきたんですよ!」

とプレッシャーを感じている様子で、司会の井ノ原快彦さん(39)に

「今のうちに失敗しとけばいいよ」

と励まされていた。12月29日、30日のリハーサルでは2日連続で成功している。

こじはる「卒業」発表もあるのか

   高橋さんは14年12月8日、「15年12月8日をメドに卒業」することを発表したが、コンサートの会場探しなどの都合で16年3月に延期された経緯がある。

   一方、13年の紅白では大島優子さん(27)が卒業発表するという出来事もあったため、卒業間近だとされる小嶋陽菜さん(27)にも注目が集まるが、本人は

「10周年イヤーでもありますし、たかみなの最後の紅白なので、私の出る幕ではないのかあるのか...」

と、思わせぶりな発言を繰り返した。さらに、

「イリュージョンでそのまま消えて卒業する可能性は?」

という記者の「変化球」に、

「今のところないので、もしイリュージョンが失敗したら、『場つなぎ』であるかも」

とおどけていた。

   紅白のAKB48のステージでは、前出の「会いたかった」に続いて、「フライングゲット」(11年発売)、「ヘビーローテーション」(10年発売)、「恋するフォーチュンクッキー」(13年)の4曲のメドレーを4分30秒にわたって披露する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中