あの五郎丸選手が箱根駅伝で力走!? 実況アナ「初笑いミス」の原因とは

印刷

   正月恒例の「箱根駅伝」で、ヒートアップした実況アナウンサーが選手の名字を間違えるハプニングがあった。

   東洋大学4年の五郎谷(ごろうたに)俊選手が走る中、ラグビー日本代表の五郎丸(ごろうまる)歩選手を連想したのか、「五郎丸!」と呼んでしまったのだ。

  • 力走実況する中で、つい…(画像はイメージ)
    力走実況する中で、つい…(画像はイメージ)

ゴールまであと1キロで...

   2016年1月2日に行われた第92回箱根駅伝・往路で、五郎谷選手は15年に引き続き最後の5区を任された。2位でたすきを受け取ると、強風にさらされながら力強い走りをみせた。

   日本テレビ系の中継番組では、実況アナウンサーが選手たちのエピソードを次々と紹介。五郎谷選手は15年3月に父親が大動脈瘤破裂で亡くなったといい、アナウンサーは

「5区は標高が高く天国も近い。お父さんも見やすいと思う。全力で走り切ってお父さんに走ったよ、と報告したい。そう話していました」

などと語っていた。

   往路優勝のゴールテープを切ったのは、青山学院大学4年の「3代目・山の神」こと神野大地選手だった。それでも五郎谷選手は、翌3日の復路での逆転につなげるべく力走を続けた。

   ハプニングが起きたのは、ゴールまであと1キロをきった頃だった。力が入った実況アナウンサーは、東洋大監督が五郎谷選手に声をかけていたことを紹介する中で、

「『五郎行け!五郎行け!』そんなふうに五郎丸に声をかけていました!五郎丸も前回の自分に打ち勝つ、ふがいなかった自分に打ち勝つ、そして青山学院二連覇を許さない、自分たちは2年ぶりの優勝をする、そう話していました!」

と、勢い余って名字を間違えて呼んでしまった。

武井壮も五郎谷選手に注目

   視聴者はこの言い間違いを聞き逃さなかった。ツイッター上には

「もう実況興奮して五郎谷のこと五郎丸っていってるwww」
「東洋大学の五郎谷くんの走りを見ながら誰もが我慢してたのに、とうとう最後に実況がさりげなく『五郎丸』って噛んでた」

といったツッコミが続々と上がった。

   ちなみに、世界マスターズ陸上競技選手権で15年に金メダルを獲得したタレントの武井壮さんも五郎谷選手に注目。5区の時間帯には、

「ラグビー五郎丸に次ぐ五郎谷ブームを作るためにはこの五区で神野をブチ抜く必要がある。。。」

と、ツイッターで期待を寄せていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中