キユーピー、マヨネーズの賞味期限 2か月延長して1年に

印刷

   キユーピーは、主力のマヨネーズ製品の賞味期間を、現在の10か月から1年に延長すると、2016年1月6日に発表した。対象は「キユーピー マヨネーズ」の内容量50~450グラム入りの5商品と、「キユーピーハーフ」の全商品。マヨネーズは3月出荷分から、キユーピーハーフは1月22日出荷分から、「1年」になる。

   キユーピー マヨネーズの発売は1925(大正14)年。当時は瓶詰で、賞味期限は1年だったが、より手軽に使えるよう1958年から現在のようなポリエチレン製のボトル容器に変更。それにより、賞味期限は7か月に短くなってしまった。

   容器のポリエチレンがマヨネーズの品質を劣化させる原因となる酸素を通すためで、同社では研究を重ねた結果、酸素を減らす新製法を開発。今回導したところ、賞味期限を延ばしても風味や味が落ちないことを確認したという。

   賞味期限を延ばすことで、家庭での食品廃棄を減らすことにもつなげる。また、キユーピーにとっても、倉庫での保存が利くため、出荷までの在庫調整がしやすくなる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中