DAIGO &北川景子結婚、プロポーズは「KSK」 ゴールイン後押ししたのは「大人の事情」?

印刷

   「結婚は秒読み」だとみられていたビッグカップルが、3連休の最終日にあたる2016年1月11日、ついに結婚を発表した。歌手のDAIGOさん(37)と女優の北川景子さん(29)が12時30分頃にブログや公式ウェブサイトを更新し、同日付で婚姻届を提出したことを明らかにした。

   実は1月5日には、写真週刊誌「FLASH」が、「本誌が考える、入籍するXデー『NXD』はズバリ『12日』が最有力」だと報じていた。ゴルフで言うところの「ニアピン」だが、2人はなぜこの時期の結婚を選んだのだろうか。

  • 「FLASH」は表紙に「『入籍Xデー』わかったァ」と掲げていた
    「FLASH」は表紙に「『入籍Xデー』わかったァ」と掲げていた

「2人で楽しく笑顔のたえないロックでうぃっしゅな家庭を」

    北川さんは誕生日から1週間が経った15年8月31日のブログで、

「20代の生き方次第で30代が変わってくると信じているので、29歳は最高の20代の締めくくりにしたいです。そんな訳で29歳の抱負は『最高の20代のラストを飾る』にしようと思います」

とつづっていた。「最高の20代のラスト」が結婚のことを指していたのか、北川さんは1月11日に公式サイトで結婚生活への決意を

「30歳を迎えるこの年に、新しい人生へ向かい歩み始めます」

と綴った。一方のDAIGOさんは、北川さんよりもくだけた文体で結婚を報告した。

「これから2人で楽しく笑顔のたえないロックでうぃっしゅな家庭を築いていきたいと思っています。力を合わせて、支え合ってより一層仕事も頑張っていきたいと思っています」

   その後2人はそろって会見。北川さんはDAIGOさんからのプロポーズの言葉を「KSK、結婚してください」だったと明かした。

ドラマや映画のスタートがすぐ迫っている

   DAIGOさんがブログで

「最初から入籍を済ませた後にきちんと自分の口から自分の言葉で報告をしようとずっと思っていたので、やっと皆様にお伝えすることが出来てとても嬉しく思います」

と書いているように、結婚は「秒読み」で、後は発表を待つばかりといった状態。焦点は「いつ」かに移っていた。

   そんな中で、1月5日発売の「FLASH」1月19日号は、クリスマスの15年12月25日に2人がドライブに出かける写真を掲載。結婚の時期について、「芸能関係者」が

「DAIGOにとって7年ぶりのレギュラー出演となるドラマが今月13日にスタートする。北川も16日にヒロインとして出演する映画の公開が控えている。その前に入籍すれば、2人の『宣伝』も含めてちょうどいい。すでにDAIGOは仕事関係者に『ドラマ前にお騒がせすることになります』と挨拶を入れていると聞いた」

と解説している。関係各所に「仁義を切る」ための日程設定だったという見立てだ。

   結婚が発表された直後に放送された「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ)でもこういった点が指摘され、パネラーの東貴博さんも

「誰もが知ってる感じのね...。みんなもう『じきだな』という感じありましたよね」
「手放しに喜べる感じですよね」

と納得していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中