中国軍艦領海侵入での自衛隊出動「原則としてある」 中谷防衛相

印刷

   中谷元・防衛相は2016年1月12日の記者会見で、中国の漁船や海洋監視船ではなく軍艦が沖縄県の尖閣諸島周辺の領海に侵入した場合の対応に関する質問に対して、

「一般的に、警察機関、また海上保安庁等の対応が困難な場合が発生した場合は、海上警備行動を下令して自衛隊が対応するということは、原則としてある」

と述べた。政府は15年5月の閣議決定で、国際法上の「無害通航」にあたらない外国軍艦が領海に侵入した場合、電話による会議で迅速に海上警備行動を出せるように運用を改めていた。

   菅義偉官房長官は同日の会見で、15年11月に中国海軍の情報収集艦が尖閣諸島周辺を繰り返し航行したことについて「外交ルートを通じて関心を表明した」と述べた。「具体的なやり取りは差し控える」とも述べたが、中国側に「関心を表明」する際に自衛隊出動の方針を伝えている可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中