日経平均、一時1万7000円割れ 770円超急落

印刷

   東京株式市場は2016年1月14日、日経平均株価が一時、心理的な節目とされる1万7000円を割り込んだ。13時37分ごろ、1万6944円41銭まで急落。下げ幅は、前日比771円22銭で16年に入って最大となった。

   米株安や円高などを受けて投資家心理が悪化している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中