宜野湾市長選での現職応援は「ある意味当然」 菅官房長官

印刷

   米軍普天間飛行場を抱える沖縄県宜野湾市の市長選(2016年1月17日告示、24日投開票)について、菅義偉官房長官は16年1月15日夕方の定例記者会見で、

「私自身、基地負担軽減担当大臣として、自民党が推薦している現職市長を全力で応援するのは、ある意味で当然」

と述べ、現職の佐喜真淳氏(51)=無所属、自民、公明推薦=を支援する考えを改めて強調した。

   菅氏は

「住宅や学校が基地に隣接しており、防音住宅が1万戸あるというきわめて危険な状況がある。危険除去と(基地の)閉鎖を1日も早く行うことについては、沖縄県と共通の認識」

とも述べ、佐喜真氏がすでに進めている政策を後押しする考えを示した。

   宜野湾市議選では、佐喜真氏と新人で元県幹部の志村恵一郎氏(63)=無所属=の一騎打ちになる見通し。志村氏は普天間飛行場の名護市辺野古沖への移転に反対を表明しており、翁長雄志・沖縄県知事らと足並みをそろえている。

   自民党の谷垣禎一幹事長は1月15日朝の記者会見で

「場合によっては、普天間という飛行場が固定してしまうかもしれないという問題点を含んでいる。そのことは避けたい」

と述べ、佐喜真氏が敗れた場合は普天間飛行場の移設が困難になるとの見方を示していたが、菅氏は

「(影響は)まったくない」

と述べた。

  • 記者会見する菅義偉官房長官
    記者会見する菅義偉官房長官
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中