コンビニの持ち帰りドーナツ、競争激化 セブン-イレブンが材料や製法見直しでテコ入れ

印刷

   セブン-イレブン・ジャパンは2016年1月19日、レジ横の専用ケースで販売しているドーナツを一新する。製造方法や材料を大幅に見直し、従来よりも高品質なドーナツの提供を目指す。

   ここ数年でコンビニでのドーナツ販売市場は急拡大しているが、ローソンが参入するなどして競争が激化。さらに市場を拡大するには、てこ入れが必要だと判断した。

  • 乃木坂46のメンバーがドーナツの一新をアピールした
    乃木坂46のメンバーがドーナツの一新をアピールした
  • セブン-イレブンはレジ横のドーナツを一新する。1月19日から6種類が発売される
    セブン-イレブンはレジ横のドーナツを一新する。1月19日から6種類が発売される
  • 定番の「チョコオールドファッション」をほおばる生駒里奈さん(左)と白石麻衣さん(右)
    定番の「チョコオールドファッション」をほおばる生駒里奈さん(左)と白石麻衣さん(右)
  • 乃木坂46のメンバーは傘を片手にイベントに臨んだ
    乃木坂46のメンバーは傘を片手にイベントに臨んだ
  • 囲み取材に応じる乃木坂46のメンバー
    囲み取材に応じる乃木坂46のメンバー
  • 報道陣は雨がっぱで取材に臨んだ
    報道陣は雨がっぱで取材に臨んだ

「17年2月期に600億円」、現時点では達成怪しい

   セブン-イレブンは14年10月から関西地区でドーナツの展開をスタート。15年夏には国内のほぼ全店舗にあたる約1万7000店に専用ケースが設置された。ローソンも15年4月に本格参入し、15年8月には8000店舗に専用ケースを接地した。

   親会社のセブン&アイ・ホールディングスが15年1月に開いた決算説明会では、16年2月期(15年3月~16年2月)に4億個(400億円)、17年2月期(16年3月~17年2月)に6億個(600億円)の販売を目標に掲げていた。だが、調査会社の市場予測を見る限りでは、現時点では17年2月期の目標達成は厳しい情勢だ。

   調査会社の富士総研の調べ(スイーツ市場のチャネル別需要分析調査2015)によると、コンビニのカウンター横で販売される持ち帰りドーナツの市場規模は、14年は28億円だった。15年はセブン-イレブンの参入で406億円に急拡大する見通しだが、16年には510億円にとどまると予測している。この510億円という試算は、少なくともセブン-イレブンとローソンの両者を含んでいることを考えると、セブン単独の「17年2月期に600億円」という目標とは距離がある。こういったことを踏まえて、今回のテコ入れに踏み切ったようだ。

乃木坂46、傘を片手に「チョコオールドファッション」試食

   発売されるのは全6種類。ミルクチョコでコーティングした「チョコ&ナッツドーナツ」や、「ツイストドーナツ」や、メープルの豊かな風味が特徴の「ツイストドーナツ」を新たに売り出し、根強い人気の「チョコオールドファッション」も原料や製法を見直した。14年のスタート時の価格帯は税込みで100~110円だったが、今回お目見えした6種類は100~138円。やや単価が上がっている。

   1月18日に東京・新宿の屋外イベントスペースで行われた試食会には、人気アイドルグループの乃木坂46も姿を見せた。大雪後に雨が続いていたこともあって、メンバー5人は傘を手に「チョコオールドファッション」を試食。

「外皮がさっくりしていて最高の食感」(桜井玲香さん)
「さくさくだけど、中身はしっとり」(生駒里奈さん)
「チョコ好きの私でも納得のチョコ」(白石麻衣さん)

などと笑顔でPRしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中