太陽系「第9番目」の惑星を発見か 米研究チーム

印刷

   太陽系の最も外側に第9番目の惑星を発見した可能性が高いと、米カリフォルニア工科大学の研究チームが2016年1月21日に発表した。

   報道によると、この惑星「プラネット・ナイン」は、地球の約10倍の質量があり、太陽を1~2万年かかって回っていると研究チームは推定した。数理モデルとコンピュータシミュレーションを通じて分かったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中