街のレコード店は風前の灯 奈良市ではとうとう全滅?

印刷

   奈良市にあるCD・レコード店の「メディアステーションBIG」が閉店する。同店はイトーヨーカドー奈良店にあり、市内で最大かつ最後のCDショップという。

   老舗のレコード店「ジャンゴレコード」のオーナー、松田太郎さんはツイッターで、「市民の方がたとえば三代目JSBや西野カナやジャニーズやKPOP、ワンダイレクションやテイラースウィフトなどの発売日にCDを買いたいと思っても、もう店がない」と嘆いた。

  • 街のCDショップが消えている・・・(画像は、イメージ)
    街のCDショップが消えている・・・(画像は、イメージ)

街のレコード店は300店舗割れ・・・

   奈良市餅飯殿町にある「ジャンゴレコード」の松田太郎さんは2016年1月15日付のツイッターで、

「いわゆる街のCD屋はことごとく、すべて潰れ、HMVやJEUGIAも潰れ、CD併売の書店も次々閉店。ごく一般的な目線では奈良市のCD店はこれで全滅です」

と、つぶやいた。

   イトーヨーカドー奈良店にある「メディアステーションBIG」には、「最終営業日は1月24日」「在庫処分SALE!! 10%~50%OFF」の貼り紙が閉店を伝えている。

   松田さんは、「ショックでした。一般のCDショップが、本当にこれでなくなってしまいます」とこぼす。

   奈良市内には、CD・DVDレンタルのTSUTAYAやGEOの新譜販売はまだあるし、家電量販店や書店に併設されたCDコーナーも残っているが、戦前からあった、「昔ながらの街のレコード店」が消えてしまうということらしい。

   そんなジャンゴレコードのつぶやきに、1月18日時点で5000を超えるリツイートが寄せられている。

「レコード店が次々となくなって行くなか、なんとか生き残って欲しかったのに...」
「高校時代によく通ったのに。音楽との出会いはいつもここから」
「どこの店ですか?CDショップ閉店とかショックです」

といった、驚きと惜しむ声が相次いでいる。

   なかには、「ジャンゴレコード」が閉店してしまうと勘違いした人もいたようだが、松田さんは「他人事ではありません。うちもいつどうなるか、わかりません」と話している。

   たしかに地方都市、しかも県庁所在地からCDショップが消えるというのは、CDやレコードに慣れ親しんできた音楽ファンには大きなショック。しかし、CDショップは全国的に減少しているようだ。

   日本レコード協会によると、CDショップ(月商1万円以上、書籍やDVD、レンタルとの兼業を含む)の数は5964件(2014年12月時点)で、13年から約1%減った。

   また個人経営の、いわゆる街のCD・レコード店が組織する日本レコード商業組合の会員数は2015年から10店舗ほど減少して、現在293か店(16年1月)。とうとう300件を割り込んだ。「もう10年以上も減少傾向にあり、市内からお店がなくなるという話はよく聞きます」と、奈良市のようなケースは珍しくなくなったという。

   一方、CD・DVDショップ大手の新星堂は、全国に130か店(直営店)を構えている。店舗数について、「ここ2年はほぼ横ばいで推移していますが、店舗を移転や売り場の縮小などの見直しを進めています。流れとしては減少傾向にあります」と話している。

「好きな曲だけ」1曲ごとにダウンロード

   こうしたCD・レコード店が続々と閉店する原因には、インターネットによる音楽の定額配信サービスがあるとみられる。

   市場調査のICT総研の「2015年 定額制音楽配信サービス利用動向に関する調査」によると、2015年の定額制音楽配信サービス利用者数は930 万人で、2018 年には1850 万人へ倍増すると予測している。定額制音楽配信サービスのうち、有料サービスの利用率は6.5%、無料サービスの利用率は4.7%で、利用者数のトップは米アップルの「Apple Music」。「Google Play Music」「LINE MUSIC」と続く。

   有料の音楽配信は2000年以降に本格化したが、Apple MusicもLINE MUSICも、サービスの提供がはじまったのは2015年のこと。スマートフォンで聴ける定額制音楽配信サービスが瞬く間に広がったわけだ。

   ジャンゴレコードの松田太郎さんも、「もう30年近く(商売を)やっていますが、ここ4、5年はCDプレーヤーを持っていない若い方が増えているようで、定額配信の影響もあるのかもしれないと思っています」と話す。

   昔からの音楽ファンの中には、CDショップなどでアルバムのジャケットを見て、気に入ったら購入する「ジャケ買い」人気や、レコードやカセットテープの人気が復活しつつあるものの、最近の学生らは「ほしい曲、好きな曲だけ聞ければよい」「ジャケットなんていらない」と、1曲ごとのダウンロードが主流になっている。

   CDショップの品揃えが薄くても、インターネットであればすぐに手に入るメリットもある。

   新星堂は、「最近はグーグルやLINEの配信もはじまり、YouTubeからもダウンロードできます。音楽の楽しみ方や買い方の多様化が進んでいます」という。加えて、「アーチストも、その流れを強く意識しています」と指摘。「表現の仕方が変化し、ライブなどを重視する傾向にあります。『CD商売』がすべてではなくなってきているんですね」という。新曲ができてもCDを発売しないアーチストもいる。

   人気アイドルグループの嵐やAKB48などにミリオンセラーが偏っていて、CD市場の「パイが小さくなっている」とも話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中