ベッキー「なぜまだしれっとテレビに」「降板しろ」 2ちゃんで批判相次ぎ、関連スレ数が歴代2位に

印刷

   「不倫」騒動の渦中にあるタレントのベッキーさん(31)に、反省がないとネット上で批判が高まり、2ちゃんねるの関連スレッド数が歴代2位にも達した。

   会見では、ベッキーさんは、「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(27)と友達に過ぎないことを強調していた。しかし、その前日には、まったく正反対のことを裏で明かしていたと、週刊文春が2016年1月21日発売号で暴露した。

  • いつまでテレビに出られる?(2009年撮影)
    いつまでテレビに出られる?(2009年撮影)

「番組に使うテレビ局は許さん」との声も

   記事によると、ベッキーさんは、川谷さんとのラインのやり取りで、川谷さんの実家へ行ったのは、「長崎不倫旅行」だと開き直った。川谷さんが「逆に堂々とできるキッカケになるかも」とラインすると、ベッキーさんは、「私はそう思ってるよ!」と返す。そして、2人で「ありがとう文春!」と盛り上がった。

   ベッキーさんは、「センテンス スプリング!」と文春を英訳でもじっていたが、このフレーズは、ネット上で一躍流行語のようになった。単語を英語に直訳する「ベッキー語」も盛んに作られたほどだ。

   ベッキーさんは、会見で謝罪は終わったかのように、騒動には触れずにバラエティ番組に出演を続けている。

   ところが、ネット上では、川谷さんの妻への謝罪がなく、謝る相手がスポンサーのようで違うのではないか、と批判の声が止まない。「なぜまだしれっとテレビに」「ベッキー番組降板しろ」「番組に使うテレビ局は許さん」といった声が多いのだ。

   2ちゃんねるでは、「ゲス川谷『堂々とできるきっかけになる。ありがとう文春!』 ベッキー『ありがとう文春!センテンススプリング!』」をタイトルにしたスレッドが文春報道後から次々に立ち、25日未明までに266スレにまで達した。同じタイトルのスレッドは4日間までというルールがあり、期間終了間際にはスレが乱立する事態になった。

バラエティは、面白ければいいというが...

   これは、男性俳優が韓流偏重だとテレビ局を批判して所属事務所を退社する騒ぎになった11年の2ちゃんスレ数に次ぐものだ。このときは、522スレにまで達している。なお、ベッキーさん会見時のスレッドも138にまで達しており、歴代5位に入っていた。

   もっとも、ベッキーさんらのラインやり取りまで暴露されたことで、ネット上では、騒動に疑問の声もある。ファンらを中心に「いくら何でもプライバシーの侵害し過ぎ」「ベッキーってそんなに悪いことしたか?」といった書き込みも見られた。

   ベッキーさんのブログには、ファンらから応援の書き込みが多く、最新の更新になる1月1日のブログには、6000件超のコメントが付いていた。一方、ベッキーさんのインスタグラムには、コメント制限が緩いためか、批判の書き込みが多数見られ、その5倍の3万件超に達していた。それだけ、ベッキーさんへの反感が強いということらしい。

   それでも、テレビ局がベッキーさんを番組で使い続けるのはなぜなのか。事情に詳しい芸能関係者は、次のように話す。

「ドラマならイメージ悪化の影響があると思いますが、ベッキーさんが出ているのはバラエティですので、番組が面白ければいいわけです。ベッキーさんは、番組をうまく回せますし、まだファンは付いています。しかし、スポンサーの関係で、4月の番組改編で出演が減る可能性は高いと思います。今後は、仮面を被っていい子を演じ続けるのはさすがに難しいので、それを振り切ってどうイメチェンできるのか。テレビ局は、様子を見ているのだと思いますね」

   ただ、いったん付いたイメージを振り切るのは、かなり難しそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中