甘利大臣、賄賂疑惑で告発者の「隠し録音」などを批判 ネットでは「受け取ればアウト」の声

印刷

   甘利明経済再生相は2016年1月25日の会見で、週刊文春が報じた賄賂疑惑について、「先方は最初から隠し録音をしたり、写真を撮ることを目的とした人たちだ」と告発した千葉県内の建設業者を批判した。

   甘利氏はそのうえで、今週中に会見して事実関係を明らかにし、説明責任を果たしていきたいと強調した。第三者による事実確認の調査を行っており、結果が出たら公表するともしている。

   しかし、ネット上では、「はめられたんだろうけど受け取ってしまったのならアウト」「誘いに乗ったら...サッカーでもレッドカードです」といった書き込みが相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中