「おそ松さん」衝撃展開でネット「死亡報告」続出 「ボーイズラブ」直接投入の破壊力

印刷

   「公式が大量殺人をおこしてる...」「もう...無差別殺人はやめてくれよぉ...」――。昨夜、何か凄惨な事件を思わせるコメントがツイッターにいくつも投稿された。

   先に断りをいれておくと、実際に血が流れる大量殺人事件が起きたわけではない。いずれの書き込みも、人気アニメ「おそ松さん」の展開に衝撃を受けた女性ファンたちによる「心の叫び」だった。

  • 公式が大サービス?(画像は「おそ松さん」公式サイトのスクリーンショット)
    公式が大サービス?(画像は「おそ松さん」公式サイトのスクリーンショット)

「一松」と「カラ松」が裸でからんで......

   「おそ松さん」は故・赤塚不二夫さんのギャグマンガ「おそ松くん」を原作にしたテレビアニメ(テレビ東京ほか)。午前1時からの放送で、下ネタやパロディをふんだんに盛り込みながら、原作の六つ子たちが大人になった姿をユーモアたっぷりに描いている。2015年10月の放送開始から話題を呼び、とりわけボーイズラブ好きの女性(=腐女子)の間では、おそ松たちにそうしたイメージを投影させることで爆発的人気を誇っている。

   今回の「事件」は2016年1月26日未明に起きた。この日放送された第16話は、皮肉家の四男「一松」がナルシストな次男「カラ松」の洋服を、カラ松が寝ているすきに着てみたところ、長男「おそ松」が部屋に入ってきて大慌てする...というストーリーだった。

   試着した事実を何が何でも隠したい一松は、おそ松の前でとっさにカラ松になりすまし、ついには「お前が好きなんだよ!最近そっちに目覚めたんだ...」とまで口走る。

   その後、目が覚めたカラ松が機転を利かせて一松になりすまし、事なきを得るのだが、おそ松不在の隙に互いの服を戻そうとしたところ、うっかり転倒。上半身裸で覆いかぶさっているところを、部屋に戻ってきたおそ松に目撃され、誤解を受けてしまうのだった。

   一連の流れはあくまでドタバタコメディとして描かれているものの、制作側が、ストレートにBLネタを放り込むという予想外の展開に「おそ松さん腐女子」たちはパニックとなった。

ツイッタートレンドに「おそ松」ハッシュタグ10個

   とりわけ一松とカラ松のコンビ、通称「色松」のファンだった人々は、息が止まってしまうほど動揺、興奮したようで、ネット上には

「みんな...今までありがとう...死んだ......」
「もう死ぬ以外の選択肢がなかったわ...」
「公式に殺された...色松...」
「無理、ちょっ、死ぬ! 過呼吸で死ぬ」

と、あまりの衝撃に死ぬほど驚いたという意味と思われる「死亡報告」が次々投稿される事態に。記事冒頭の書き込みもその一部だ。

   腐女子層だけの盛り上がりとはいえ、その勢いはすさまじく、放送後のツイッタートレンドには「おそ松」さん関連のハッシュタグが10個近くランクインした。中には「#遺影になった人繋がりませんか」「これpixiv(で見た)」など、はたからみると意味が分からないものも含まれていた。

   ちなみに1つめの「遺影になった人」とは、今回の展開にショックを受けて自身のツイッターアイコンを遺影写真風の「遺影アイコン」に変更した人のこと。色松ファンの間ではこれが大量に発生している。

   2つめの「pixiv」は、同作のボーイズラブ系二次創作が多数投稿されているイラストコミュニケーションサイトのこと。すなわち「これpixiv(で見た)」は「16話とそっくりな展開の投稿作品をpixiv上で見たことがある」という意味だ。

   「おそ松さん」は、これからどんな展開になっていくのか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中