「がん」は身近な病気 でも、「生きる」ための万一の備えは人それぞれ・・・

印刷

   がん治療への関心が高まっている。

   厚生労働省の「人口動態統計 2013年」によると、「悪性新生物(がん)」は死因のトップで、亡くなった人の28.8%を占めた。つまり、10人のうち3人が「がん」で亡くなっている、とても身近な病気なのだ。

news_20160122095703.jpg

安心して治療に専念できるのが「がん保険」

   フジテレビ系の情報番組「Mr.サンデー」や「とくダネ!」などでコメンテーターとして活躍していたジャーナリストの竹田圭吾さん(享年51歳)や、女優の川島なお美さんが肝内胆管がんのため、54歳の若さで亡くなったことで、改めて「がん」という病気の恐ろしさを知った人は少なくないはずだ。

   元プロレスラーでタレントの北斗晶さん(48)が、自身のブログで乳がんであることを明かしたのは、2015年9月だった。毎年検査を受けていたにもかかわらず、同7月に右乳房の全摘出を告知され、その手術を受けるまでの葛藤をブログに寄せたところ、大きな反響を呼んだ。手術は成功、いまも闘病生活を続けている。

   がんと闘うには手術や入院にかかる費用のほか、通院やその後の定期検診などの退院後の費用も必要になる。また、先進医療による治療を受けようと思えば、自己負担がさらに膨らむ場合がある。療養期間中には就業できなくなり、収入も減少するかもしれないから、その費用の総額は大きな負担になる。

news_20160122095814.jpg

   その負担を補い、万一のときにも安心して治療に専念できるように備えるのが、「がん保険」だ。

   しかも、がんはからだの部位やその進行にも早い遅いなどがあって、罹った人によって千差万別。当然、治療方法も手術のほか、通院による抗がん剤治療や放射線治療などがあり、治療期間も手術して数日で治ることもあれば、長期化するケースもあるとさまざま。再発の恐れもあるので、定期的な通院が必要になることもある。

   じつは医療保険の加入でも、がんの治療は給付の対象になるが、それだけで十分な保障が受けられるかといえば、そうでもない。

   がん保険に加入していれば、「がん」と診断されたときや、がんで入院したとき、手術したとき、抗がん剤治療で通院したときなどに、まとまった給付金が受け取れる。

   半面、がん保険は「がん」に特化した保険のため、がん以外の病気やケガは保障の対象外。また、がん保険は死亡リスクに備える保険ではないので、一般的に死亡保険金が少ないか、まったくない場合がある。

   万一のときの死亡保障は、がん保険と別に加入する必要がある。

   加えて、がん保険には医療保険にはない「待機期間」がある。一般的には、保障の開始日(申し込み、告知、初回保険料の支払いが済んだ日)からから90日間(待機期間)は、がんに対する保障はない。

   待機期間に「がん」と診断された場合は、保険契約そのものが無効(支払った保険料は戻る)になるので、健康なうちに加入することが必要だ。

保障内容や保健期間で、さまざまな種類がある!

   そんな「がん保険」にも、さまざまな種類がある。

   たとえば、「保険期間」で分けると、医療保険と同様に、定期型と終身型に分けられる。「定期型」のがん保険は、一定期間を保障するため、将来の予測が立てにくい場合の見直し向き。一方、「終身型」は一生涯を保障するため、若いうちから老後に備えるための保険といえそうだ。

news_20160122095844.jpg

   「保障内容」の範囲でも異なる。がん保険は、保障内容によって大きく4つに分かれる。

   「入院給付金型」は、一般的ながん保険で、「どのようながんに罹患するかわからないので広範囲ながんのリスクを備えたい」「とにかく一生涯保障が継続させたい」という人に適している。がん入院給付金の日額をベースに、診断や手術の給付金(保障額)が決まるほか、特約としてさまざまな保障が選択できる。商品数が多く、保険期間や保険料の払込期間など、選択肢は広い。

   「実損補填型」は、損害保険系の保険会社に多いがん保険。健康保険の自己負担(3割)の医療費や家族の介添え費用などを補償する保険で、自由診療の費用も補償する保険もある。「がんはお金がかかっても、最新の治療方法を使っても治したい」「医療費だけではなく、治療にかかわる諸経費も自己負担を減らしたい」という人に向いている。

   「診断給付金型」は、入院や手術などの給付金がなく、診断給付金のみを保障する保険。がんに罹ったときに、まとまったお金が必要という人に適している。

   「収入保障型」は、その名のとおり、闘病中の収入減を保障する保険。毎月、年金のように保険期間が満了するまで保険金が給付されるのが特徴だ。

   こうした保険の内容をきちんと把握して選ぶことで、自分にマッチした「がん保険」が見えてくるはず。「転ばぬ先の杖」という言葉もある。価格.comの「がん保険」で比べてみて、しっかり理解してから加入することをオススメする。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中