長期金利、一時0.05%に 過去最低を更新

印刷

   日本銀行が2016年1月29日の金融政策決定会合でマイナス金利政策の導入を決定したことを受けて、2月1日の金融市場は長期金利が大幅に低下。長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは、一時、前週末と比べて0.045%低い(債券価格は上昇)0.050%を付け、前営業日の1月29日に続き過去最低を更新した。

   2日間の低下幅は0.170%に達した。

   2年債や5年債、20年債などの国債の利回りも過去最低となり、5年債は一時、前週末比0.030%低いマイナス0.100まで下がった。20年債は一時0.050%低い0.740%で2003年6月以来12年半ぶりに過去最低を更新した。

   マイナス金利の適用は2月16日からだが、政策の発表で短期金利が押し下げられ、長期金利にも影響が及んでいるとの見方が広がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中