マイナス金利の影響広がる MMF販売停止、預金金利下げ

印刷

   日本銀行がマイナス金利を導入した影響が、安全性の高い公社債で運用する投資信託MMF(マネー・マネジメント・ファンド)、銀行預金などの身近な金融商品に広がっている。

   MMFは、三井住友アセットマネジメントと大和証券投資信託委託が2016年2月1日以降、三菱UFJ国際投信は2日以降、みずほ投信投資顧問は2日正午以降に、それぞれ販売を停止する。

   今回、日銀がマイナス金利の導入を決めたことで、国債の価格が上昇(金利は低下)したため、短期国債を主な投資対象としているMMFは、安定的な利回りの確保が難しくなった。MMFは1口1円以上から購入でき、利回りも銀行の普通預金より高いため、預金代わりに利用している人も少なくない。解約は受け付ける。

   一部では、価格変動のリスクが比較的小さい公社債で運用する投資信託「中期国債ファンド」の販売も停止している。

   一方、銀行は市場での金利下落に伴い、利ざやの確保に動いている。預入期間の短い定期預金の金利を、普通預金と同じにする銀行も現れた。

   りそな銀行は1日から、2~5年物の定期預金の金利を0.005~0.025%引き下げ、年0.025%に設定。地銀大手の横浜銀行は1年以内の定期金利を、普通預金と同じ0.02%に下げるなど全面的に金利を見直した。八十二銀行(長野市)も1年以下の定期預金の金利を年0.025%から0.020%に引き下げた。

   インターネット専業のソニー銀行は、普通預金の金利を年0.020%から年0.001%へと大幅に引き下げた。

   こうした動きに、他行も追随する見通しだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中