琴奨菊の結婚披露宴に「組長の元妻」? デヴィ夫人の「爆弾ブログ」が波紋広げる

印刷

   大関・琴奨菊の結婚披露宴に列席したデヴィ夫人(75)がつづった「琴奨菊と祐未さんの心温まる結婚披露宴」というブログ記事が、ネットで波紋を広げている。

   デヴィ夫人はこのブログで、新郎新婦を「幸せいっぱいのお二人、末永くお幸せに!」と祝福した直後、いきなり「角界にとって最大のタブー」に触れかねない「事実」に踏み込んだからだ。披露宴で「暴力団関係者の元妻」を見かけたと公表したのだ。

  • 琴奨菊の結婚披露宴をめぐる爆弾発言が波紋広げる(画像はデヴィ夫人公式ブログ)
    琴奨菊の結婚披露宴をめぐる爆弾発言が波紋広げる(画像はデヴィ夫人公式ブログ)

お祝いの文章の直後に「暴露」、唐突に終了

   日本出身力士として10年ぶりの優勝を果たし、一躍角界のスターとなった琴奨菊が、2016年1月30日に結婚披露宴を行った。集まった取材陣に「最高の披露宴を迎えられました」と満面の笑みで語ったという琴奨菊だが、自ら招いた列席者の1人から思いも寄らぬ「爆撃」を受けることになってしまった。

   デヴィ夫人は16年2月1日に更新したブログで、琴奨菊の披露宴に列席した際の様子を詳細に報告した。「皆さまごきげんよう!」という軽快な書き出しで、披露宴に列席するためにロンドンから急いで帰国したことを報告し、「喜ばしいお目出度い宴となりました」と祝福を送った。

   続けて、笑顔の琴奨菊やウェディングドレス姿の新婦の写真を掲載しながら、楽しげな雰囲気の披露宴の様子を伝えている。ほかにも、新婦の才女ぶりを誉めちぎったり、2人の出会いを「運命で結ばれていたのでしょう」と表現するなど、ここまでのブログは祝福ムード一色。新郎新婦とデヴィ夫人が笑顔を浮かべたスリーショットの写真も掲載していた。

   だが、デヴィ夫人は「幸せいっぱいのお二人、末永くお幸せに!益々の邁進をお祈りしています」とお祝いのメッセージをつづった直後、

「私がこの夜驚いたのは、住吉会の池袋を拠点とした本田組組長の元妻で風俗を経営していたHさんの姿があったことです」

と、前後の文脈を無視する形で、突然「暴露」したのだ。ブログは、この衝撃的な一文で唐突に終わっている。

   その後、2日午後6時現在、ブログではこの話題に触れておらず、1日のブログの意図も不明だ。

「なぜデヴィ夫人が暴力団関係者を知っているのか」

   角界と反社会勢力の交際が浮き彫りになった2010年の「大相撲八百長問題」を受けて、日本相撲協会は「暴力団など反社会勢力の排除」を宣言している。角界の関係者と暴力団の交際を改めて「禁止」したもので、仮に発覚した場合は「解雇もふくむ厳正な措置をする」とも明記されている。

   デヴィ夫人の文章が本当なのか、また、「組長の元妻」だからといって今も暴力団の関係者といえるのか、など、今回の文章だけでは不明な点があまりに多い。しかし、「角界にとって最大のタブー」に触れかねない極めて微妙な問題であることは間違いない。それを琴奨菊の結婚披露宴を祝福するブログの中で持ち出してきたデヴィ夫人に、ネット上では、

「琴奨菊結婚披露宴のハッピーな記事の最後にぶっこむデヴィ夫人」
「散々持ち上げておいて最後の一文で何もかも叩き落とす」
「そういえば向かいの奥さんも来てたくらいのノリでとんでもない話題を出すデヴィ夫人」

といった反応が寄せられている。一部では「やっぱり角界と暴力団ってズブズブなのか」といった憶測も広がっている。

   また、今回話題に上った本田組は、暴力団関係者らが関与しているとされるSNSなどによると、関東を中心に活動する指定暴力団「住吉会」の三次団体で、活動拠点である池袋の店舗経営者や組の関係者でなければ、名前さえ知らないのが一般的といわれている。ネットユーザーからは、こうした暴力団関係者の経歴を詳しく知っていることをほのめかすデヴィ夫人に対しても、「暴力団と交際を持っているのではないか」と批判する声が上がり始めており、今回のブログは諸方面へ大きな波紋を広げつつあるようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中