NMB48・山本彩「あさが来た」効果で報道陣殺到 東京のイベントに「びっくりぽん!」

印刷

   NMB48の山本彩(さやか)さん(22)が2016年2月2日、東京・新宿の書店で第3弾の写真集「みんなの山本彩」(ヨシモトブックス)の発売記念イベントを開いた。

   山本さんは、NHK連続テレビ小説「あさが来た」の主題歌「365日の紙飛行機」で、センターポジションを務め、全国的な知名度が上昇している。前日の2月1日には地元・大阪市内で同じイベントを開いたが、東京ではそれを大幅に上回る報道陣が取材に駆けつけ、足の踏み場もないほどで、山本さんも「びっくりぽん!」と驚いていた。

  • 写真集のお気に入りのページを披露するNMB48の山本彩さん
    写真集のお気に入りのページを披露するNMB48の山本彩さん
  • 報道陣の多さに「びっくりぽん!」
    報道陣の多さに「びっくりぽん!」
  • 「変顔」も披露した
    「変顔」も披露した
  • 写真集「みんなの山本彩」にはファンやスタッフが撮った写真600枚以上が掲載されている
    写真集「みんなの山本彩」にはファンやスタッフが撮った写真600枚以上が掲載されている
  • 写真集の1ページ目は「あご」だけだ
    写真集の1ページ目は「あご」だけだ
  • 山本さんは「あごでマジックを挟む」写真をお気に入りに選んだ
    山本さんは「あごでマジックを挟む」写真をお気に入りに選んだ

初めは「AKBが主題歌ってどうなんやろう」の声

「センターにめっちゃ立ちたいと思っていましたし、ファンの方の支え、応援あっての待ち望んだセンターだった。しかもそれが朝ドラのセンターということで、人生にとっての財産と言っても過言ではない」

   山本さんは、イベントに先だって行われた囲み取材で、自らのポジションの意味について、こう強調した。この楽曲を通じて、朝ドラ・AKB双方にとって裾野の広がりを実感しているようだ。

「ファンの方は若い方が多く、今回の主題歌をきっかけに初めて朝ドラを見たと言ってくださる方も多いし、逆に朝ドラのファンの方で、『初めはAKBが主題歌ってどうなんやろう、って思ってたけど、ドラマにもすごく合っているし、毎朝この曲を聴いて元気がもらえます』という声がたくさんで、老若男女問わず大きいので、本当にうれしい」

「高校野球のテーマソングも歌いたい」

   今後の「主題歌をチャレンジしたいという思い」を聞かれると、山本さんは控えめに

「あります。そうですねー。個人的になんですけど、高校野球のテーマソングとか...」

と話していた。

   春の高校野球では、14年にAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」、12年に「Everyday、カチューシャ」が、それぞれ入場行進曲に採用されている。

   今回の写真集では、ファンやメンバー、スタッフらが撮影した写真600枚以上を集めて掲載。芸能人の撮影は「御法度」なことが多いが、今回は山本さんを期間限定で「誰でも撮影していい」というコンセプトを掲げた。山本さんのツイッターの書き込みをきっかけに撮影に集まるファンも多かったといい、

「その場でどんどん群がってくる感じが、気分が良かった」

と振り返っていた。それだけに様々な写真が投稿されたようで、山本さんは

「結構衝撃的な写真も多くて...。スッピンとか変顔とか、今まではそんな写真はなかなか世には出なかった。恥ずかしさも『見てほしい』という気持ちもある。今までにない自分を出せたと思う」

とアピールしていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中