何度も薬物問題起こした田代まさしが出演 ネット騒然「呂律が回ってないのは後遺症?」

印刷

   覚醒剤取締法違反容疑(所持)で元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)が逮捕されたことを受け、元タレントの「マーシー」こと田代まさしさん(59)がNHKのニュース番組に映像出演した。

   田代さんは薬物絡みで3度の有罪判決を受け、計約7年間の服役を経験。現在は薬物依存者の更生施設のスタッフとして働いている。長らく表舞台から姿を消していただけに、インターネット上は意外な人物の登場に騒然となった。

  • 現在は日本ダルクのスタッフとして活動中(画像は田代さん公式ブログのスクリーンショット)
    現在は日本ダルクのスタッフとして活動中(画像は田代さん公式ブログのスクリーンショット)

「『今回でやめられる』って心に誓うんですけど...」

   映像が流れたのは、2016年2月3日放送の「ニュースウオッチ9」だ。この日はトップニュースで清原容疑者の逮捕を大きく取り上げていた。

   「僕はまだ回復途上なんで、人のことを言えた立場ではないんですけど」――。番組のインタビューに応じた田代さんは最初にこう断りつつ、薬物の怖さを語った。

「寂しさとか孤独とか、最初はそこから入るんだけど、1回やってしまうと『次に次に』っていう気持ちが勝ってしまう。『今回でやめられる』ってすごく心に誓うんですけど、それをもってしてでも負けてしまうのが薬の魔力なんですよ」

   01年に覚醒剤取締法違反容疑(使用・所持)で逮捕された田代さんは、以降も薬物がらみで3度逮捕され、計約7年間服役している。14年7月の出所後は薬物更生施設「日本ダルク」のスタッフとして活動。リハビリを続けながら、講演活動などを行っており、テレビの世界とはすっかりご無沙汰となっている。

   番組では田代さんをダルクの一員という位置づけで紹介していたが、久々の登場、それもNHKへの出演ということで、驚いた人も多かったようだ。ネット上では、

「マーシーがNHKに!!!」
「田代が輝く局面が来るとは......」
「清原のお陰で更生施設で頑張ってるマーシーをテレビで観れるというミラクル!」

といった声が続々とあがり、ツイッターのトレンドにも一時「田代まさし」がランクインしていた。

田代氏「クスリを使ってると滑舌良くなる」

   一方でこんな指摘もある。

「呂律が回ってないな。後遺症か?」
「この田代まさしさんの滑舌こそが薬物の怖さやろ」
「後遺症か、安定剤かなんかの副作用か、怖いねぇ」
「説得力あり過ぎだろ」

   十分聞き取れる範囲ではあったものの、人気タレント時代とは異なる話し方にショックを受けた人は少なくなかったようだ。

   一部では「またやってるんじゃ」「現役でしょ?」といったコメントも寄せられていた。ただし田代さんは15年12月のツイートで、

「警視庁のNO DRUGのイベントに参加して来ました。自分から志願して薬物の検査もしてもらいました。当然のことですが結果は陰性反応(OK)でした!」

と潔白を表明していたばかり。

   15年3月に行った出所報告会見では、

「前回、出所7日目くらいに記者会見したら、まだ呂律も回らず、手も震えて(いたので)、そのことが『まだ怪しいんじゃねえか』ってことになったんですけど、僕、クスリを使ってると滑舌良くなったり、手の震え止まります。逆です」

とも語っており、呂律が回っていないのは薬断ちしている証拠かもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中