清原騒動で芸能人「芋づる逮捕」か 専門家は「ほとぼりが冷めたころ摘発」と推測

印刷

   元プロ野球選手、清原和博容疑者(48)が覚せい剤取締法(所持)の疑いで現行犯逮捕された事件が各所に衝撃を与える中、「芋づる式」に他の芸能人が逮捕される可能性もささやかれ始めた。

   警視庁は、人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAさん(57)を2014年に「仕留めた」特別チームを再び動員し、1年以上前から内偵に当たらせていた。内偵期間の長さ、そして週刊誌が報じたASKAさんと清原容疑者の意外な関係も今掘り返され、「捜査をこれで終わらせるつもりはないだろう」「もっと逮捕者出る」との憶測を生んでいる。

  • 入手先の解明が待たれる(画像は清原容疑者のブログより。現在削除)
    入手先の解明が待たれる(画像は清原容疑者のブログより。現在削除)

「捜査をこれで終わらせるつもりはないだろう」

   今回、清原容疑者の捜査を担当したのは、薬物や銃犯罪を担当する警視庁組織犯罪対策5課に設けられた特別チーム。

   1年以上という長い内偵期間もさることながら、ASKAさんと清原容疑者の「奇妙なつながり」もここにきてクローズアップされている。清原容疑者の薬物使用疑惑を初めて報じた14年3月26日発売「週刊文春」によると、2人は時期を前後させて同じ専属ドライバーを雇ったというのだ。こうした点から、ネットでは「捜査をこれで終わらせるつもりはないだろう」「点と点が線に繋がる」「もっと逮捕者出る」と勘繰る向きもある。

   実際、16年2月4日付け日刊スポーツ電子版は、清原容疑者と同じ経路で覚せい剤を購入した芸能人について関係者が捜査当局へ情報提供し、捜査当局はすでに数人の「有名芸能人」をマークしていると報じた。なお、2人の関係には触れていない。

   今回をきっかけとして、芸能界で逮捕者が相次ぐ――そんな事態はありえるのか。

   薬物関係に詳しいある作家はJ-CASTニュースの取材に対し、「今すぐ他の芸能人が逮捕されることはないでしょう」と話す。

   仮に清原さんと同じ経路で覚せい剤を入手した人物がいたとしても、清原さんの逮捕を知って、一時的に使用を控えたり、捨てたりするためだ。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中