家賃60万円に運転手付き車、銀座通い 清原和博容疑者にタニマチの影が...

印刷

   覚醒剤事件で逮捕された元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)は、収入がないのに「優雅な生活」をしていたと報じられている。その背景には、野球選手を取り巻く交友関係があったらしい。

   警視庁が強制捜査に踏み切ったとき、清原和博容疑者は、東京都港区のマンスリーマンション最上階14階の部屋にいた。部屋は、家賃約60万円とされ、目の前には東京タワーも立っている。

  • ブログでは前向きの姿勢を見せたが…(現在は削除)
    ブログでは前向きの姿勢を見せたが…(現在は削除)

収入がなく、稼いだ金も底を突いていた?

   清原容疑者は、週刊文春が14年3月に薬物疑惑を報じてから、解説者やタレントの仕事が激減していたと伝えられている。しかし、外出するときは、運転手付きの車に乗り、金回りは悪くなかったようだ。

   その理由について、日テレ系情報番組「スッキリ!!」は、2016年2月4日の放送で、清原容疑者が慕う人の知人の話を紹介した。それによると、清原容疑者は、常に仕事を探す収入がない状態で、現役時代に稼いだお金も底を突いていた。

   そんな清原容疑者の面倒を見ていたのが、タニマチの支援者だったというのだ。清原容疑者は、この支援者から高級外車を買ってもらったこともあったという。

   銀座の高級クラブにも頻繁に出かけ、報道によると、一晩で100~200万円を注ぎ込むこともあったという。真偽はよく分からないが、逮捕の直前までクラブのホステスと一緒に自宅にいたとも一部で報じられている。

   「スッキリ!!」では、清原容疑者が薬物の疑いをかけられたのは、現役時代にさかのぼるとした。真相は不明だが、清原容疑者は、オリックス時代の06年、警察から覚醒剤事件の捜査線上に浮かんだという。

   同僚だった選手が覚醒剤使用で逮捕されたことがきっかけだった。

桑田真澄さん「薬物を止めろと言ったのに」

   フジテレビ系「とくダネ!」では、2月4日の放送で、別のホステスの話として、清原容疑者は、覚醒剤をバッグに入れて常に持ち歩き、タバコを吸うようなヘビーユーザーになっていたらしいと指摘した。

   警視庁では、覚醒剤の入手経路について調べているが、清原容疑者は、複数の暴力団関係者との付き合いがあったとも報じられている。

   清原容疑者の黒い交友関係は、球界関係者の間では、早くからかなり有名だったらしい。

   PL学園高校時代にKKコンビを組んだ桑田真澄さん(47)は、4日に報道陣のインタビューに応じて口を開いた。それによると、うわさを聞いて、清原容疑者が08年に引退したころから、薬物のことで本人と話し合った。それはよくないよと清原容疑者に言い続けたが、3年前に「もう一切関わらないでくれ」と断交されたという。

   清原容疑者は、最後まで誘惑を断ち切れなかったわけだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中