富山・氷見の寒ブリ「記録的不漁」 水揚げ量は例年の10分の1

印刷

   冬の味覚「寒ブリ」の不漁が続いていることをうけ、富山県氷見市の氷見漁協などは2016年2月4日、本格的なシーズン入りを告げる「ひみ寒ぶり宣言」を今季は見送ると発表した。

   「寒ぶり宣言」の制度は11年に出来た。「宣言」以降は毎年、地元の仲買や漁協でつくる「判定委員会」が重さ6キロ以上のブリを「ひみ寒ぶり」のブランド名で商標登録する。しかし、今季は15年11月から16年1月末までの水揚げ量が約4000尾と、例年の10分の1以下に落ち込んでいる。

   各種報道によると、県水産研究所は不漁の原因について「能登沖の水温が例年より高く、暖かい海域に向かって北海道沖から南下する寒ブリが富山湾に入らなかったため」と分析しているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中