アニメの高畑勲監督、「功労賞」受賞  手塚治虫、宮崎駿らに続く5人目

印刷

   スタジオジブリで「火垂るの墓」「平成狸合戦ぽんぽこ」など多くのアニメ作品を手がけた高畑勲監督(80)が2016年2月6日、「アニメ界のアカデミー賞」とも呼ばれるアニー賞で「ウィンザー・マッケイ賞」を受賞した。同賞はアニメ界の功労者に送られ、過去に川本喜八郎さん、手塚治虫さん、宮崎駿さん、大友克洋さんも受賞している。

   高畑監督は、同日米ロサンゼルスで開かれた発表・授賞式には欠席したが、代理人を通じ「そうそうたる受賞者の中のささやかな一員になれたことは光栄で大きな喜び」とコメントした。

   なお、今回は米林宏昌監督のスタジオジブリ作品「思い出のマーニー」や細田守監督の「バケモノの子」がノミネートされていたが、いずれも受賞を逃している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中