総選挙「年内に90%ぐらいある」 自民幹部が明言

印刷

   自民党の下村博文総裁特別補佐は2016年2月7日、記者団の衆院解散・総選挙についての質問に対し、「年内に90%ぐらいある」との見通しを明らかにした。8日付けの新聞各紙が報じた。

   それによると、下村氏は、17年4月から消費税率が10%に上がる前に、アベノミクスの第2弾をやったうえで、安倍晋三首相が解散に打って出る可能性はあると述べた。衆参同日選についても、「その可能性はある」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中