草なぎ選曲「涙のキッス」は退社女性マネに捧げた? SMAPファンの「深読み」広がる

印刷

   SMAPの冠番組「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)が2016年2月8日夜に放送され、解散騒動での「生謝罪」後に初めて5人そろって収録したという新企画「スマラブ」の映像が流れた。メンバーの好きな1曲を全員で歌うライブコーナーで、この日は草なぎ剛さんの選んだサザンオールスターズの「涙のキッス」が披露された。

   この選曲について、ファンの間ではある憶測が広がっている。解散騒動で1月末にジャニーズ事務所を退社した女性マネジャー、飯島三智氏に向けた曲ではないか――というのだ。

  • メンバー5人で「涙のキッス」披露
    メンバー5人で「涙のキッス」披露

「飯島さんがサザン好きなんだよね...」

   スマラブは生謝罪会見から3日後の2016年1月21日に収録された。放送では、メンバーが草なぎさんのギターの弾き語りに合わせ、椅子に座りながらリラックスムードでサザンの名曲を歌い上げた。

   選曲理由について、草なぎさんは「カラオケでよく歌うんですよね。歌うとすごい気持ち良くて」と説明。ギターの練習でもよく演奏しているといい、「ぜひ5人で歌ってみたい」と考えたという。

   だが熱心なファンたちの間では、「涙のキッス」が選ばれた「本当」の理由がもっともらしく語られている。放送中から放送後にかけ、ネット上には

「飯島さんがサザン好きなんだよね...」
「そっか‥‥。だからこの曲だったんだね」
「ミッチー(編注:飯島氏)のためにだと思う」
「涙出そうになったよ これがあの生放送後最初の収録で、歌が飯島さんが大好きなサザンの歌で、タイトルが『涙のキッス』なんてさあ」

と、飯島氏に捧げた曲だとする指摘がいくつも寄せられた。

選曲は「解散騒動よりはるか前」との報道

   飯島氏が実際にファンであることは確からしく、1月22日放送の「ゴゴスマ」(TBS系)ではスポーツニッポンの山崎智彦専門委員が「大のサザンファンとしても知られていた」とコメントしていた。

   だが、収録を報じた2月3日配信の東スポWebでは「解散騒動よりはるか前に、草なぎはこの曲を選んでいた」とも報じている。謝罪会見から3日後の収録とはいえ、諸々の準備に時間がかかることも考慮すると「飯島氏へのメッセージ説」は憶測の域を出ないともいえる。

   なお、8日の放送は最初から最後までゲストなしで展開された。人気企画「ビストロSMAP」は、SMAP自身がゲストになる「シャッフルビストロ」の第4弾として、稲垣吾郎さんが登場。プライベートを明かしたり、クイズコーナーで盛り上がったりと、ファンならSMAP5人だけの時間を存分に楽しめる内容で構成されていた。

   ネット上にはファンらから「震えるぐらい感動したよ!」「スマスマのスタッフさんのSMAP愛に泣ける」と番組側に感謝する声も多々寄せられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中