「マイナス金利、日銀は説明を」日商の三村会頭が注文

印刷

   日本商工会議所の三村明夫会頭は2016年2月9日、日本銀行のマイナス金利政策の導入による市場への影響について、「マイナス金利の効果が非常にわかりにくいことによるマーケットの動揺もあると思う。政策の狙いや意図を明快に説明してほしい」と注文をつけた。

   日銀がマイナス金利を決めて以降、一時的に円安に振れて株価が上がったものの、その後は長期金利が初めてマイナスに突入したほか、円高の急伸、株価急落など市場が大きく混乱している。三村会頭の発言は、日銀の対応にも要因があるとみていることを示したものだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中