葛西紀明、43歳8か月でW杯3位入賞 最年長記録を更新

印刷

   2016年2月10日、ノルウェーのトロンハイムでノルディックスキーのW杯のジャンプ男子個人16戦が行われ、葛西紀明さんが3位に入賞。自身のW杯最年長表彰台記録を43歳8か月へ更新した。

   1回目は127メートルの10位だったが、2回目で143メートルの大ジャンプに成功、順位を上げた。葛西さんの表彰台は今季3度目、通算59度目となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中