梅宮アンナ、ストレス理由に一人娘実家に預ける 「子育て放棄だ」「母親の役割は」と批判が集中

印刷

   タレントの梅宮アンナさん(43)が一人娘を父親の梅宮辰夫さん(77)の元に預け、別居していることをテレビ番組で明かした。別居した理由は喧嘩が絶えないことに加え、「子育てをずっとしているとストレスが溜る」からだそうだ。

   ネット上では「子育て放棄は許せない!」などとアンナさんへの激しい批判が出ている。

  • 梅宮アンナの子育て放棄疑惑。「娘とはほぼ毎日会っている」と言うのだが…(写真はイメージ)
    梅宮アンナの子育て放棄疑惑。「娘とはほぼ毎日会っている」と言うのだが…(写真はイメージ)

娘にとってうちの両親が親のようなもの

   アンナさんが出演したのは2016年2月9日放送のTBS系情報番組「白熱ライブ ビビット」。28歳の01年に結婚し、翌年に長女を出産。そして03年に離婚した。娘は現在14歳でインターナショナルスクールに通っている。番組のVTRでは親子が外食している様子を流した。娘は食事に行くときはいつも焼肉だ、と語り、アンナさんはどんな母親かを聞かれると、

「料理をしない」

と答えた。アンナさんは娘について、

「私のことを一応『ママ』って言うんだけど、姉妹みたいなんですよね。娘にとって私と同じように、うちの両親が親のようなもの」

と話した。実はアンナさんは都内にマンションを借りて一人暮らしをしていて、娘とは暮らしていない。娘は実家に預けている。

「お互いのためなんですよね。四六時中ずっと子育てをしてしまうと、どうしても人間、ストレスがかかってしまう」

   別居をした理由をこう明かした。喧嘩は絶えなかったという。アンナさんと娘が実家に住んでいた時に、アンナさんは自分の洋服が増えたため娘のクローゼットにまで服を入れるようになり、娘の服は廊下に追いやった。それで娘が激怒し大喧嘩になった。

   そんなこんなで自分は梅宮家から追い出された、とした。娘が寂しがっているのではないのか、と質問されると、自分は週に3日は実家に行くし、娘を学校に迎えに行ったり塾に送ったりしているから「ほぼ毎日会っている」と反論。娘も自分の部屋に来る、などとアンナさんは話していた。VTRに出てきた父親の梅宮辰夫さんは、

「アンナはね、結婚には向かないんですよ」

と語った。

   孫には父親が必要だから結婚は是非してほしい。ただ、もし父親がいないときには自分が父親に代わり孫の面倒を見ていかなければならない。だから自分の事をお爺さんではなく「パパ」と呼ぶように言って聞かせているが、呼んでくれないなどと実情を話した。

「ただただ、娘がかわいそう」

   ネットではこうしたアンナさんの行動に対し、

「自分が自由になりたくて実家に預けて育児放棄しているだけなのに、正当化して、これが私のスタイル(ドヤッ)って堂々と公言するのは何なの!!恥ずかしい」
「あり得ない母親」
「みんなストレス抱えながら子育てしてんだよ!!こういう甘ったれムカつく!!」
「みんな四六時中子育てしてるよ。子供産むってそういうことだろ」

などといった批判がアンナさんに向けられた。

   一方でアンナさんは子育てで叩かれたのはこれが初めてではない。「胸の形が崩れるから、母乳はあげていない」と語ったり、娘を飛行機に乗せる時は周りに迷惑がかからないように、睡眠シロップを飲ませている、などと明かしたことで大バッシングに発展した。また、13年ごろに山形の富豪との不倫騒動があり、子供を両親に預けて東北に行ってしまった、という報道があった時にも「子育て放棄だ!」と騒がれた。

   ネット上にはアンナさんの娘に対する同情も多く出ていて、

「母親に甘えたい年頃なのにね」
「ただただ、娘がかわいそう。親からの愛情を感じてないんじゃないの?」
「子供かわいそう。今は何が普通かわからなくても、大人になってから自分の環境が異常だったと気付いたときに、しわ寄せくるよ。私がそうだった」

などといった書き込みが出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中