黒柳徹子「ベッキー、そういう話題はいらない」 芸能界では「名前を出す事さえタブー」なのか

印刷

   テレビ朝日系「徹子の部屋」の収録現場でお笑いコンビ「ナイツ」が、不倫騒動の渦中にあるベッキーさん(31)の名前を口にしようとしたところ、黒柳徹子さん(82)から「そういうのはいらないです」と制止されたことをラジオ番組で明かした。

   不倫騒動発覚以降は、ベッキーさんを擁護した芸能人に対しネット上で厳しいバッシングが相次いで起こっている事などから、名前を出す事さえタブーになっているようだ。

  • お笑いコンビ「ナイツ」がベッキーの名前を出したとたん黒柳徹子は「いらない」と制止した(写真は『徹子の部屋』の公式ホームページのスクリーンショット)
    お笑いコンビ「ナイツ」がベッキーの名前を出したとたん黒柳徹子は「いらない」と制止した(写真は『徹子の部屋』の公式ホームページのスクリーンショット)

「人の傷つくことやめましょう」

   「ナイツ」がこの事実を明かしたのは2016年2月11日放送のニッポン放送「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」。「徹子の部屋」の収録中に100年ほど前に流行した「名鳥銘木」という漫才を披露したのだという。「名鳥銘木」は「木」と「鳥」で韻を踏み言葉遊びをする掛け合い漫才で、例えば「ウィスキ(木)ー」で「サントリ(鳥)ー」、「ほうき(木)」にとめて、「ちりとり(鳥)」などと掛ける。色々と披露し一通り終わった時点で、黒柳さんから「ほかになんかないの?」と言われた。塙宣之さん(37)が「じゃぁ、ベッキーで・・・」と口を開いたら、「ベッキー」と言い終わるぐらいで、

「そういうのはいいです。はい、そういうのはいらないです。人の傷つくことやめましょう」

と止められてしまったと塙さんが明かした。実は温めていたネタで、「ベッキ(木)ー」と「隠し撮り(鳥)」で掛けようと考えていたのだという。黒柳さんから突然制止されたショックから落ち込んでしまったと塙さんは語った。

   黒柳さんがどうしてこうした行動を取ったのかは分からないが、芸能界では今、ベッキーさんの話題を出すのはタブーになっているようなのだ。原因として考えられるのは、不倫騒動が起きた時にベッキーさんを批判したり擁護したりする芸能人が多数現れ、特に人気キャスターの宮根誠司さん、小倉智昭さん、お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さん、カンニング竹山さんなどは擁護に回ったとしてネット上で激しく叩かれた。そうしたことで芸能界には不用意な発言をすれば騒ぎに巻き込まれるという雰囲気が出来上がった。

カンニング竹山も「事務所に巻き込まれるの嫌なんだよ!!」

   俳優の石田純一さん(62)はメディアに対するリップサービスが得意な一人だ。2016年1月24日のイベントで感想を求められると「何も言うことはないです」などと言葉少なに立ち去り、記者を驚かせた。カンニング竹山さんはベッキーさんと同じサンミュージックの所属ということもあり、16年1月9日にツイッターで、

「妹はさぁ、あいつ本当にいい奴で俺と違って本当に真面目な奴なんで今回だけは許してあげてくんねぇ~かなぁ~。お願いします!」

などと擁護したところ、激しい批判が起こり、ツイッターが「炎上」した。竹山さんは16年2月11日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」に出演し、所属事務所の話になった時に、

「俺!本当に事務所に巻き込まれるの嫌なんだよ!!どれだけ巻き込まれているんだ!色んなこと!!!」

などとキレていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中