X線天文衛星「アストロH」打ち上げ成功 ブラックホールの成長過程に迫る

印刷

   天体の出すX線を観測するX線天文衛星「アストロH」を載せたH2Aロケット30号機が2016年2月17日午後、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。打ち上げは成功し、15分後に地球を回る高度約580キロの軌道に投入された。

   アストロHは15年に運用を終えた天文衛星「すざく」の後継。16年夏頃から観測を開始し、銀河団の様子やブラックホールの成長過程など宇宙の謎に迫る。ロケットには、アストロHのほか、名古屋大や九州工業大(北九州市)などの3つの小型衛星も搭載されている。

   打ち上げは当初12日の予定だったが、天候不良で延期されていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中