小保方氏の「逮捕」「起訴」はあるのか ES細胞「窃盗」容疑の参考人聴取でネット騒然

印刷

   「STAP細胞」作成の内幕について先日手記を刊行した小保方晴子・理化学研究所(理研)元研究員(32)に、再び注目が集まっている。

   小保方氏の研究室で見つかったES細胞(胚性幹細胞)は別の研究室から盗まれたものだ、とする理研元研究員の刑事告発をうけ、兵庫県警が小保方氏を参考人聴取したためだ。「逮捕」説もささやかれるなど、ネットで様々な憶測が飛び交っている。専門家は「その可能性はない」と語るのだが...。

  • 小保方氏の今後はどうなるのか(写真は2014年4月1日の調査委員会会見)
    小保方氏の今後はどうなるのか(写真は2014年4月1日の調査委員会会見)

「容疑者不詳」のままの刑事告発を受理

   参考人聴取が行われた背景にあるのは、2015年1月、理研の元研究員が「理研発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)にある別の研究室からES細胞を盗んだ」として被疑者不詳のまま、兵庫県警に窃盗容疑で刑事告発したことだ。告発状はその4か月後、県警に受理されている。

   「STAP細胞」をめぐっては14年12月、理研の調査委員会が「ES細胞の混入した可能性が高い」とする最終調査結果をまとめている。しかし、小保方氏自身は意図的な混入を否定し続けている。16年1月に上梓した自著「あの日」(講談社)でも「私がES細胞を混入させたというストーリーに収束するように仕組まれているように感じた」と主張しており、混入の経緯は依然不明のままだ。

   そんな中での参考人聴取の報道に、ツイッターでは一時、

「真相が知りたい」
「何があったんだろう」

との声で騒然となった。

   ツイッターの一部は、根拠不明ながら、小保方氏の「逮捕」「起訴」の可能性にまで言及しているものも少なくない。小保方氏は、拒否も可能な参考人聴取に、今回なぜ応じたのか。

「聴取」めぐり、弁護士コメントも混乱

   小保方氏の代理人を務める三木秀夫弁護士の法律事務所はJ-CASTニュースの取材に対し、「参考人聴取が行われたのは事実」としながらも、実施日や実施場所、受けた理由は明かさなかった。実は、小保方氏の事情聴取があったのかどうかについては混乱も起きた。

   小保方氏事情聴取の一報は2月17日深夜に流れたが、三木弁護士は18日未明段階では、ニュースサイト「弁護士ドットコムニュース」に「(参考人聴取の)報道は事実ではありません」「(報道)各社にはガセネタですと、伝えています」とのコメントを出していた。しかし、その後、デイリースポーツ電子版に寄せたコメントでは「(小保方氏が)参考人として話したことは否定しない。私も立ち会い、きちっと説明した」となっており、食い違っていた。その理由について同事務所は、「三木弁護士から聞いた話」と前置きしたうえで

「参考人聴取の件は兵庫県警と秘密裡に話を進めてきたが、(三木弁護士の)預かり知らないところでマスコミにリークされてしまった。弁護士ドットコムニュースの取材を受けた際は話の出所が不明だったので『ガセネタ』と答えたが、デイリースポーツの取材を受けたときにはすでに出所が判明しており『事実』と認めた、ということのようです」

と答えている。

   小保方氏の今後について、板倉宏・日大名誉教授(刑法)は

「参考人は大勢いるわけですから、今回あくまでその中の1人として呼ばれたにすぎません。こうやって報じられるのは、彼女が有名人だからではないでしょうか」

と語った。

   また、何者かが別の研究室からES細胞を盗んだという告発内容に関しては、「それが事実でも、大きく法に抵触するようなことはない」と分析したが、「略式起訴」の可能性は否定しなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中