JR東、共通ポイントカード「JRE POINT」発行

印刷

   東日本旅客鉄道(JR東日本)は、首都圏の駅ビルに入居するテナントで使える共通ポイントサービス「JRE POINT」の発行を、2016年2月23日に開始した。これまで、「アトレ・アトレヴィ」や「シャポー」、「テルミナ」「グランデュオ」などの施設ごとに別々だったポイントカードを統合、共通化した。今後、ビューサンクスポイント、Suicaポイントとの共通化も行う予定。

   JRE POINTは、利用額100円ごとに1ポイントが貯まり、1ポイント1円で利用できる。ポイントの有効期限は2年間。これまで貯めてきたポイントは引き継がれるが、一部では新しいカードへの切り替えが必要になる。

   スタートにあわせて、最大総額7000万円相当のJRE POINTをプレゼントするキャンペーンを実施する。期間は2月23日~3月31日。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中