北朝鮮、「人工衛星」発射でも祝賀ムード皆無 アジアプレス・石丸氏が内部情勢を報告

印刷

   北朝鮮報道を専門とするアジアプレス・インターナショナルの石丸次郎大阪オフィス代表が2016年3月2日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で講演し、核実験や北朝鮮が「人工衛星」と称するロケット発射後の北朝鮮内部情勢を報告した。

   ロケット発射直後に北朝鮮住民と交わした通話だとされる音声も公開された。住民によると、「みんな食べることに手一杯」で、国営テレビが報じるような祝賀ムードは皆無。金正恩第1書記については「小さなガキ」などと陰口も多いようだ。

  • 会見する石丸次郎氏(左)。協力者が撮影した北朝鮮国内の様子が流された
    会見する石丸次郎氏(左)。協力者が撮影した北朝鮮国内の様子が流された

中国の携帯を北朝鮮の協力者に持たせる

   石丸氏は中朝国境地帯の取材を繰り返すなかで、北朝鮮住民の協力者に対してビデオカメラなどの使い方を教え、北朝鮮国内で密かに取材活動を行っている。その成果を、雑誌「リムジンガン」やアジアプレスのウェブサイト上で発表している。国境地帯は中国の携帯電話の「圏内」になるため、最近では中国の携帯電話を協力者に持たせ、情報のやり取りをしている。北朝鮮の通信網を使わないため、やり取りが北朝鮮当局に把握されにくくなるという判断からだ。現時点では携帯電話やスマートフォン10台程度が北朝鮮国内で稼働しているという。

   記者会見では、協力者から紹介されたという、北部地域に住む30代女性との通話音声が公開された。ロケット発射翌日の2月8日に収録された。夫は国営企業勤務で、女性の生活レベルは「中の上」。女性によると、ロケット発射にともなう祝賀ムードは特になく、「みんな食べることに手一杯」で、「喜ぶとすれば、コメをくれれば喜ぶのでは」だと皮肉った。

正恩氏を「小さなガキ」

   その上で、「言うのがちょっと怖いですが...」とためらいながらも、正恩氏を

「今は国なんか信じていない。『小さなガキ』がやるようになって、変わったことがありますか?もっと窮屈で、もっとしんどくなっただけ」

などと批判。矛先は、妻の李雪主(リ・ソルジュ)氏にも向けられた。

「(李雪主氏が)かばんをいつも持ち歩いているので、『将軍様の奥さんのかばんは(値段が高いぞ)』とか、そんな話もします」

   金正恩政権が繰り返し核実験や「人工衛星」の成果を強調しているにもかかわらず、生活が向上しないことへの不満を口にした。

「報道や講演会とかでは、ずっと『私たちは強国だ』と言ってきたけれど、私たちには何一つ良くなったことはない」

   石丸氏によると、アジアプレスではロケット発射後に10人程度の住民から話を聞いたが、共通していたのは「無関心」。上記発言のように「大きな力を持った」という宣伝には「慣れっこになった」状態で、逆に「何でそんなことをずっと聞くのか」といった反応が多かったほどだという。

   国連安全保障理事会は米東部時間3月2日(日本時間3日未明)にも北朝鮮に対する制裁決議案を採択する予定だ。北朝鮮を出入りする全貨物の検査の義務化や北朝鮮産石炭の輸入禁止などが盛り込まれる見通しで、住民の生活がさらに苦しくなることは確実だ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中