安倍首相、憲法改正「在任中に成し遂げたい」

印刷

   安倍晋三首相は2016年3月2日の参院予算委員会で、憲法改正について「私の在任中に成し遂げたい」と強い意欲を示した。民主党の大塚耕平議員の質問に答えた。安倍首相の自民党総裁としての任期は18年9月まで。それまでに国会発議と国民投票の実現を目指す考えを示した形だ。

   一方で安倍首相は、発議に必要な衆参3分の2を「我が党だけでそれぞれ獲得することはほぼ不可能に近い。与党、さらに他の党の協力もいただかなければ難しいのではないのか」とも述べ、現実的にはハードルが高いとの認識も示した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中