「生活保護世帯」1951年以降で最多を記録 約半数は高齢者世帯

印刷

   厚生労働省は2016年3月2日、15年12月に生活保護を受給した世帯が163万4185世帯だったと発表した。前月よりも1965世帯増えて、過去最多を更新。受給者も前月より1210人増え、216万5585人となった。統計を取り始めた1951年以降で最も多くなった。

   受給者の約半数を占める高齢者世帯が増えたのが原因。受給世帯の内訳は高齢者が80万5723世帯で、傷病・障害者は44万4021世帯、母子は10万4922世帯、その他失業者のいる世帯などは27万1037世帯となっている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中