高橋洋一の霞ヶ関ウォッチ
「消費増税の延期」心配する経済学者 予測「間違った」責任とってから発言を

印刷

   安倍晋三首相は2016年5月の伊勢志摩サミットに向け、世界経済の現状とリスクを分析する「国際金融経済分析会合」の設置を表明した。第1回会合は3月16日、ノーベル経済学賞を受賞したジョセフ・スティグリッツ米コロンビア大教授を招いて開かれる予定だ。

   ある財政学者はこの会合について、反財政緊縮論者ばかり呼ぶので八百長会合だといっている。その学者は、消費増税が延期されるのを心配しているようだが、公式には「分析会合」は消費増税の是非を判断するものではない。というものの、過去に消費増税の前、2013年8月26~31日、2014年11月4~18日に開催された経済財政諮問会議の「点検会合」はどうだったのか。増税派ばかり呼んでいた。

  • 経済見通しを予測する
    経済見通しを予測する

国債暴落論も出たが

   消費増税について、学者がどのような意見を持つのも自由であるが、その意見の前提となる経済見通しくらいは当たっていないと話にならないと思っている。

   2013年8月の点検会合では、多くの有識者が消費増税すべきという意見であり、安倍首相はそれに従って、2014年4月から5%から8%への消費増税を実行した。

   ただし、点検会合では、消費増税の前提として消費増税しても景気への影響は軽微であるとされていた。ところが、実際の経済状況は、消費増税で大きく落ち込んだ。消費増税で意見を言いたいなら、予測を間違った責任をとってからにしてもらいたい。

   そこで、安倍首相は「点検会合」に疑問を持ったに違いない。2回目の2014年11月の点検会合の期間中、外遊し帰国直後に、消費増税の延期を宣言している。点検会合の意見を聞かなかったのだ。実際、1回目の点検会合の成果は経済財政諮問会議に報告されているが、2回目は報告すらされていない。

   点検会合では、消費増税しないと、国債価格が暴落(国債金利の急騰)も起こるという脅しもあった。ところが、消費増税を延期しても、国債暴落どころか、国債価格は上昇し、ついにはマイナス金利にまでなってしまった。これも、点検会合での有識者の見通しとは真逆になっている。点検会合が信頼性を損なう理由だ。

現実問題に役に立ってこそ、経済学だろう

   筆者は数学出身なので、経済学者があまりに論争好きなので驚いている。自然科学では論争はあるが、将来を予測させてその優劣で決着がつく場合がほとんどである。社会科学では管理された実験をできないという口実で、将来予測で勝負をつけようとしていない。そのため、現実を説明できない奇妙奇天烈な論争が多すぎる。現実問題に役に立ってこそ、経済学だろう。

   政治の世界はもっと実務的だ。将来予測のできない学者の意見よりは、よりまともな予測を求めている。今の官邸も、財政再建至上主義の主張より適格に予測できる人を望んでいるだけだろう。

   そういえば、東大に「『財政破綻後の日本経済の姿』に関する研究会」がある。財政破綻は当然起こるので、その後を研究しているようだ。ところが、これらの学者の予測に反して、財政破綻の気配は一向にないので、さすがに今は休眠状態だ。

   冗談みたいな話だが、予想が当たらない人の書いた経済本が東大生に売れているらしい。その本を読んだ東大生は、予測のできない人の再生産になるのか、予測ができるようになるための反面教師として読んでいるのか、どちらだろうか。


++ 高橋洋一プロフィール
高橋洋一(たかはし よういち) 元内閣参事官、現「政策工房」会長
1955年生まれ。80年に大蔵省に入省、2006年からは内閣参事官も務めた。07年、 いわゆる「埋蔵金」を指摘し注目された。08年に退官。10年から嘉悦大学教授。 著書に「さらば財務省!」(講談社)、「戦後経済史は嘘ばかり」 (PHP新書)、「数字・データ・統計的に正しい日本の針路」(講談社+α新書) など。


インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中