都心の高層ビル、東京五輪までに51件予定

印刷

   2020年の東京五輪・パラリンピックを前に、東京都心でオフィスや商業施設などを集積した高層ビルの建設が相次ぎ、東京23区では5年間で51件の20階建て以上の高層ビルが完成する見込みという。オフィス仲介大手の三幸エステートの調査を、読売新聞が2016年3月13日付で報じた。このうちの8割を千代田、中央、港、新宿、渋谷の都心5区が占める。

   ビルの完成は2016年が6件、17年が7件、18年が11件、19年が17件。オフィスの面積は285万平方メートル(東京ドーム61個分)も増える見通しという。

   背景には、景気拡大への期待や東京五輪・パラリンピックの開催に伴う会場の整備や再開発、国家戦略特区制度などを活用した規制緩和策に大手ゼネコンによる耐震・制震技術の向上も大型再開発を後押ししているとみている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中