赤ちゃんの乳首「消された写真」大騒動 話題の「おむつの包装」、広報に質問すると...

印刷

   イオングループのプライベートブランド「TOPVALU(トップバリュ)」の赤ちゃん用紙おむつのパッケージに使われている赤ちゃんの写真について、「乳首が消されている」「不気味だ」などと話題になっている。

   「乳首が消えている」理由について、2015年7月から児童ポルノ法で単純所持にも罰則が適用されるようになっているため自主規制をしたのではないのか、市民団体から抗議があったからではないか、などといった噂が流れている。果たして本当なのだろうか。

  • イオンは「印刷の問題で消してはいない」というのだが・・・(写真はトップバリュの「ベビーパンツ」Lサイズ)
    イオンは「印刷の問題で消してはいない」というのだが・・・(写真はトップバリュの「ベビーパンツ」Lサイズ)

「何だろうこの違和感は」

   乳首が消されていると話題になっているのはトップバリュ「ベビーパンツ」男女共用のMとL。現物を確認してみると、写っているのは女の赤ちゃんのようで、確かにパッと見、乳首は見当たらない。顔を近づけて目を凝らすと、うっすらとだが、点のような何かがあるような感じはする。「メリーズ」「ムーニー」といった他のメーカーのパッケージは男の赤ちゃんを起用していて、乳首は自然に写っている。女の赤ちゃんを使った場合は、服やロゴなどで隠している。ネット上ではトップバリュのパッケージについて、

「事情があって乳首を消してるんだろうけど、なんか不気味だよ。ここまでやらなきゃならないの?」
「確かめてみると確かに乳首が無い。何だろうこの違和感は」
「あるべきものがあるべきところに無いとかえって違和感」
「これも『単純所持』で規制の対象なんですかね?」

などといった意見が掲示板に出て、児童ポルノ法の影響による自主規制なのではないか、市民団体から抗議があったのではないか、などと騒然となった。

「乳首は消していません」と広報担当者

   ベビーパンツのパッケージ写真に、実際このような自主規制は行われているのか。業界団体で赤ちゃんの紙おむつのパッケージなどの基準を定めている日本衛生材料工業連合会に話を聞いたところ、

「パッケージに関して抗議があったなどという話は全く聞いていませんし、自主規制などということも初耳です」

ということで、何の問題もなく各メーカーはこれまで通り赤ちゃんの裸写真を使ったものを造っていくはずだと話した。いくつかのメーカーにも問い合わせたが、答えは同じだった。

   イオンの100%子会社でトップバリュを扱うイオンリテール広報に話を聞いてみたところ、

「乳首は消していません。ちゃんとあるじゃないですか」

という返答だった。写真は加工しているけれども、それは全体を綺麗に見せるための加工であり、印刷の方法やパッケージの材質が影響してああいうものになっている、と説明した。パッケージに関して苦情などはないという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中